たかちゃんの競馬道

アクセスカウンタ

zoom RSS 3歳馬か古馬か・・・・エリザベス女王杯

<<   作成日時 : 2007/11/07 03:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 16

楽しみなエリザベス女王杯。
今年のポイントは、世代間争いだ。
牡馬を凌いで、最強世代と言われる3歳馬達。
G1馬3頭に、G1で2着馬が1頭の計4頭。
迎え撃つ古馬は、昨年のエリ女出走馬が6頭に不出走馬が5頭と2グループ。
合わせて、全部で3グループとなる。

過去10年のレースを見ると、一つ共通点が見えてくる。
それは、2年とか3年とか続けて上位に来る馬が多い事だ。
このレースが、牝馬の最強馬を決めるレースとして定着した事によるものか。
連覇した馬が、2頭。
メジロドーベル、アドマイヤグルーブ。
1着、2着がスイープトウショウ。
連続2着がフサイチエアデールとオースミハルカとなる。

こうして見ると、昨年の1着から5着馬が全員揃った今回は、
古馬陣営としても順調に、しかもここを目標に仕上げて来ているという事で、
相当、力も入っているのか。
このレース4年目となる大御所は、ちょっと力落ちかなとおもわれるが、
フサイチやディアやアサヒには、一発の期待ありか。
ディアとフサイチは、騎手も名手に乗り替わりと、
これまた、穴ムードを漂わせている。

エリ女不出走組では、デアリングが気になる。
府中牝馬を勝って昨年はマイルCSだったが、
今年は同じローテでこのレースに向かって来た。
距離がどうかだが、やや不気味。

そんな事、お構いなしの、3歳馬2頭。
今度勝った方が、最強牝馬となるレースと、
勝手にに決めつけているかのようなコメントだ。
JCに出るつもりだった、ウオッカは、わざわざそのためにこのレースに出るようなものだ。
ダービー馬の意地を見せつけたいところ。
この距離なら、負けられないか。

さあ、この世代間争い。果たしてどうなる。
楽しみなレースと相成った。
やっぱ、今年は牝馬ですねえ。

わくわくしますね。ホント。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エリザベス女王杯~木曜追い切り~
「エリザベス女王杯・G1」(11日・京都)、“女王様ぶり”は健在だった。 ...続きを見る
35歳の独り言
2007/11/08 16:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
そうそう、やっぱ今年は牝馬ですよね〜!
今年の3歳世代が本当に他の世代より強いのか、楽しみにしたいと思います。
たあまま
2007/11/07 12:31
たあままさん、お久しぶりです。
お元気そうで・・・。
子供さんの怪我騒ぎはおさまりましたか。

さて、今年の3歳牝馬は最強なのか、はたまた、3歳牡馬がただ弱かっただけなのかが解るレースですよね。
どうも、後者のような気もするけど・・・。
フセイン八木
2007/11/07 15:14
女の人にはいつも頭が上がりません。
あとはスイープトウショウに真面目に調教をしてもらって
レースに出てきてくれることを望みます。
シンルチュウ
2007/11/07 20:09
ウオッカがスカーレットよりも前で競馬をしそうな気がしてならない・・・。もし実際にそうなった場合、どんな結果になるんだろうか?
家元
2007/11/08 00:37
シンルチュウさん、今晩は。
コメントどうもです。
スイープの大御所さんは、ちょっと年齢的にどうかと思いますが、古馬の総大将としてここに出て来て欲しいっすよね。
フセイン八木
2007/11/08 01:11
家元さん、コメントありがとうございます。
ウオッカが前に行くような事は、まず無いと思いますが、
京都の外周りなので、今度は相当ウオッカに有利に働く事となるのでしょう。
フセイン八木
2007/11/08 01:17
フセイン八木さん、こんばんは。ウオッカはどうもスローにならない限り末脚を爆発させられないような気がするんですよね。ま、やってみなけりゃ分からん!ってとこです。ちなみに私、第【32】回ということで、フサイチパン○ラとダイワ「スカー」レッ「ト」とのスケベ予想にしてみました(笑)。
青空キンタ・ポンタ
2007/11/11 00:24
青空キンタ・ポンタさん、コメントありがとう。
ミニ(32)スカートの話し、面白く読ませて貰いました。

今度の京都の2200m、外回りは、ウオッカにとって、またとないチャンスですね。決め脚が活きるんとちゃいますかね。
(ダイワファンとしては、そこが一番の不安点です。)
やはり、差し馬有利でしょうね。
フセイン八木
2007/11/11 06:12
ウオッカは取消になりましたね〜!
穴の対抗にと思ってたんですがね・・・・。
この際なのでダイワも斬って、ローブ&パンドラの大穴狙いで勝負してみます!(最近、絶不調なのでやけくそ馬券になってしまいました(^^;)ホホホホ)
クマだもん
2007/11/11 12:37
仰るように特に古馬は大きいところがこれしかないですもんね。実際パンドラ、スイープは見なおしました!
ただスカーレットは別格のようですね。今年香港がキチンと開放されていれば香港Cもあったのになぁ〜・・・惜しい!
コジーン
2007/11/11 16:31
そういえば牝馬の場合、古馬になっていきなり強くなるタイプって居ませんね。ちょっと前のランフォザドリームぐらいですか、思い当たるのは。ダートではあの馬がいますが。

ウオッカが取り消しで少し興味がそがれてしまいましたが、来年までのお楽しみということで、あきらめます。
シナ
2007/11/12 14:31
クマだもんさん、コメントどうもです。
パンドラは来ましたが、ローブが意外にのびなくて残念でしたね。
付いてない時は、こんな風ですね。

私も、ずっとそうでしたが、G1は桜花賞から久しぶりの当たりでした。
どんだけっ。
フセイン八木
2007/11/13 04:32
コジーンさん、コメントありがとう。
古馬の意地を見せてくれたレースでしたね。
2着から5着までの4頭は、昨年の1から5着と同じ顔ぶれでした。

そこで、勝つのですから、スカーレットはやはり別格ですかね。
最強かどうかは解りませんが、強い世代は確かですね。
フセイン八木
2007/11/13 04:40
シナさん、コメントありがとう。
スカーレットは、まだまだ成長している感じですね。
気性面も含めてですが。
それに応じて、距離が伸びていくレースを使っており、丁度ぴったりだったのかも知れません。

ウオッカも夏を越して、果たして成長しているのかを見たかったですね。
さて、どうでしょうか。次走でチェックしましょう。
フセイン八木
2007/11/13 04:51
ダイワがすんなり逃げ切っただけで、あっさりすぎてどう評価していいのか分からないエリザベス女王杯でしたね。
正直ダイワはレース展開が恵まれ過ぎてる気がして、本当の強さがよく分かりません。中京でアドマイヤオーラを負かした時は強いと思いましたが、秋3戦は厳しいレースをしてるように見えないのですが・・・ しかしレースの流れさえ味方につけてしまう、ある意味ニュータイプの女傑なのかもしれませんね。
ウオッカはJC勝ったら凄いですけどね。そうなったら今年の3歳女王争いは真っ二つに割れそうですね。
たかっち
2007/11/13 09:00
たかっちさん、コメントどうもです。
いくら、スローの恵まれた展開と言っても、必ず上がり33秒台で駆けるのは大変な事だと思います。(今回は、34.1ですが)
このレースの総タイムも、2.11.9で昨年や歴代の勝ち馬とそう変わりありません。
ラップタイムでみても、最後の1000mを58.7秒(それも最後の4Fすべて11秒台)で走っています。
やはり、並の馬ではないと思いますよ。
ただ、距離はこの辺ぐらいかなと思いますが、2000mでウオッカと一騎打ちならどうでしょう。
そういう機会が今後あるかどうかは解りませんが、楽しみですね。
フセイン八木
2007/11/13 18:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
3歳馬か古馬か・・・・エリザベス女王杯 たかちゃんの競馬道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる