たかちゃんの競馬道

アクセスカウンタ

zoom RSS 前門の虎後門の狼・・・皐月賞

<<   作成日時 : 2011/04/20 15:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

桜花賞に勝って、びっくりだが、
初年度産駒からもうクラシック馬を出した「ディープインバクト」。
桜花賞に続いて、皐月賞にも有力馬3頭を送り込んできた。
ダノンバラード、トーセンラー、リベルタス。
いずれも有力馬で、初年度では初の牡牝第一冠独占の可能性を残している。

しかし、一番人気は多分、サダムパテック。
その父フジキセキは、ディープインバクトと同じサンデーサイレンスだが、
こちらは、その初年度産駒だ。
朝日杯(G1)に勝って将来を有望視されたが、故障て゜引退。
しかし、その産駒に彼の力を引き継いでG1ウイナー5頭を含む名馬を世に送り出してはいるが、
いまだクラシック馬は出ていない。
惜しい所で言うと、皐月賞ならドリームパスポート(半馬身差2着)か。
今世代が13世代目であるが、そろそろ父がなしえなかった夢を叶えるか。

もう一頭、クラシック初制覇を狙う馬がいる。
ステイゴールドだ。
無事是名馬を地でいった彼は、最終戦の香港で初のG1を穫ったきりで、
国内のクラシックを初めとするG1は、同じサンデーの仔のスペシャルウィークに
悉く阻まれた。
その仔ドリームジャーニーは、有馬記念などG1を3勝しているが、クラシックは獲れていない。
そして、今年が6世代目となるがいまだクラシック馬はいない
今回はその仔も、三頭登場する。
オルフェーヴル、ナカヤマナイト、フェイトフルウォーだ。

みんなサダムの夢を阻もうとしている。
サダムにとっては、どちらの父の仔も、みんな敵ばかりで、
まさに前門の虎後門の狼状態である。

16年前の「幻の皐月賞馬」フジキセキの想いが、
今成就するのか。否か。

さあ、栄冠はどのサンデーの仔に輝くのか。
それとも、別の馬の逆襲があるのか。

23年ぶりに東京で行われる皐月賞で、
女神が微笑む父馬は、果たしてだれか。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
第71回皐月賞展望!軸=上位人気 ヒモ=人気薄 
明日は牡馬クラシック第一弾の皐月賞ですが、例年通り上位人気馬同士の決着というのは考えにくく、ヒモ選びで捻って正解を探すことになりそう。 ...続きを見る
マチルダベイビー!
2011/04/24 01:33
皐月賞(GI)〜◎ダノンミル
さあさあWIN5が始まりますよ。ただねぇ先週なんて18頭立てで8頭目を引いているのに1着2着馬が完全ヌケ。8頭引いても◎が1着にならないんだらそれを5レース当てろって ... ...続きを見る
カンマネの安心できるかわからないブログ
2011/04/24 11:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
前門の虎後門の狼・・・皐月賞 たかちゃんの競馬道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる