たかちゃんの競馬道

アクセスカウンタ

zoom RSS 最強四歳世代でピサに続く馬は誰か・・・天皇賞(春)

<<   作成日時 : 2011/04/30 20:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 4

四歳から九歳までの馬が集う「天皇賞(春)」。
日本で一番長い距離を争うG1レースである。
これまで数々のステイヤーを世に送り出してきた名物レースだ。
想い出すのは、やはりメジロマックイーンか。
長距離なら、この馬だと誰もが認めていたものだ。

時代が変わって、最近は早熟で中距離を走る馬が賞金を稼ぎ安い形態となり、
天皇賞馬も次第次第に変わりつつある。
クラシックディスタンスを勝った馬が、何とか天皇賞も勝つという具合に・・・・。

今年の天皇賞は、そういった馬対「昔からの長距離を得意とする馬」の争いとなっている。

しかし、今年のこれまでの勢いからすると、
やはりここも最強四歳世代ではないかと思ってしまう。

最強馬ビィクトワールピサがいない今、次に続く馬を決めるレースのような様相だ。
ピサを破ってジャパンカップを勝った、「ローズキングダム」。
そのローズとピサをまとめて負かしたダービー馬の「エイシンフラッシュ」。
青葉賞を勝って、やっと臨んだダービーで屈辱を味わったが、天皇賞・秋であの女傑に迫った「ペルーサ」。
有馬記念で、ピサと女傑に迫った「トゥザグローリー」。
皐月賞でピサの二着に迫ったが、その後泣かず飛ばすでやっと前走重賞を勝った「ヒルノダムール」。
菊花賞で二着のローズキングダムに迫った「ビートブラック」。

いずれも、ピサに続く椅子を狙う資格充分である。
まだ他にも、コスモ二頭やゲシュタルトなどくせ者も揃っている。

さあ、ピサに続くのは一体誰なのか。
さながら「花嫁の投げたブーケを、受け取るのは誰か。」
を見守っているかのようだ。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
第143回 天皇賞(春)展望!3年連続フルゲート18頭参戦で今年も波乱確実!
過去10年で1番人気はわずか2勝、フルゲート18頭が揃った5回(2003年、04年、05年、09年、10年)は全て連を外して大波乱の決着となっている天皇賞(春)。今年もその18頭立てで悲劇の主人公(1番人気)はHトゥザグローリーが演じることになりそう。 ...続きを見る
マチルダベイビー!
2011/04/30 22:46
天皇賞(春)!
{%ウマdeka%}今日は京都競馬場でGT「天皇賞(春)」が行われる。 ...続きを見る
高松に棲む日日
2011/05/01 11:22
エアマックス 2013
最強四歳世代でピサに続く馬は誰か・・・天皇賞(春) たかちゃんの競馬道/ウェブリブログ ...続きを見る
エアマックス 2013
2013/07/10 06:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
やりましたね!まさか単・複・馬単・馬連・三連複・三連単総取りとか?とにかくおめでとうございます!
僕はレース直前にヒルノが良いなぁと思いましたが、予想を変える決断ができないまま締め切り時間が迫ってきてしまい、当初の予定通りペルーサ勝負で玉砕しました。1-3着まで全て印を打っているのになぜか当たらないというジンクスは3年連続で継続してしまいましたね。来週こそはスッキリ当てたいなぁ。
マチベー
2011/05/01 22:37

マチベーさん、コメントどうもです。
ダムールが一着でとても嬉しかったです。これまでというか、
「皐月賞の前にこの馬だと決めて一年応援してきましたが、やっとそれを証明できました。」って、お前は、藤田騎手かっつうの。
馬券の方ですが、私は一つのレースで、一つの馬券の種類しか買いません。
今回は、三連複でした。
(でも、三連単でも当たりましたね。って買う勇気ないくせに。)
ペルーサは、ちょっと不甲斐なかったですね。私もがっくりしました。
さあ、来週は、ダンスファンダシアでまた儲けるぞ。
(と言って今度は転けるかも。)
フセイン八木
2011/05/03 07:43
来ましたね、ヒルノダムール。厳しいレースを予想してたので、長距離の力のいる馬場で来たのがびっくりです。10年皐月賞上位4着までがこれで全馬がG1を取りました。こういう世代も珍しいですね。
シナマサ
2011/05/03 13:23
シナマサさん、コメントどうもです。
最強四歳時代でまだG1を獲れていなかったので、焦っていました。
前走で一皮剥けて、ようやくチャンスが回ってきたと思っていました。
天皇賞馬を父に持ち、母の父は、あのニジンスキーが産んだ名馬のラムタラですので、長距離ならこの馬とずうっと思っていました。
それを、証明できて良かったです。
フセイン八木
2011/05/03 17:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
最強四歳世代でピサに続く馬は誰か・・・天皇賞(春) たかちゃんの競馬道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる