たかちゃんの競馬道

アクセスカウンタ

zoom RSS 久しぶりの中山競馬場・・・皐月賞(G1)観戦記

<<   作成日時 : 2013/04/15 20:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

何年か前、確か改修した直後だったように思うが、訪ねた事がある中山競馬場。
とっても綺麗で、当時としては、洒落たとこだなという印象が残っている。

今回が二回目となるが、今日は「皐月賞」だ。初めて皐月を生で見ることができる。

知り合いの馬が、皐月賞に出るので、今回は所謂「馬主気分」でその応援をすることとなったのだ。
同年に生まれた三千数百頭の牡馬の中から、僅か18頭が選ばれたわけだが、その中に入った事がまさに奇跡に近いような気がする。

今回は、i−seatの最前列である。
場所はゴール板を大分過ぎたあたりだが、ウイナーズサークルは良く見える。
丁度、馬主席のすぐ下あたりとなるのか。

専用の机に備え付けの液晶パネルがあり、その画面にタッチするだけで馬券が買える便利なシートなのである。
しかし、慣れないので、恥ずかしいけどいつもの窓口で馬券は購入した。
普通はPAT投票なので同じようなものだけれど、競馬場に来たらやっぱり馬券を握りしめてレース観戦ってのが醍醐味なんで・・・・。

さあ、時間があるのでまずは、場内見学。

パドックは、阪神とかに比べるとやや小ぶりであるが、スタンドがやたらと長い。
オールガラス張りでずうっと続いている。

画像


なんてったって、地下が凄い。そして、レストラン街が何階もあって、沢山の人を収容できる構造となっている。

腹ごしらえをして、席に戻る。

座った感じは、何年か前に行った、函館競馬場のパドックシートのような感じで、臨場感を持って楽しめた。

画像


いよいよ、皐月賞。
お目当ての馬の馬券をしこたま買って、観戦する。
すぐ前で、ブラスバントのファンファーレを聞かせて貰って、いざスタート。

掛かる気性の馬故、騎手もあまり仕掛けない。
徐々に下がって、最後方となる。行きっぷりも良くない。
1000m通過が、58秒と大分ハイペースだ。
まあ、それならひょっとしたら差し届くかな。と、半信半疑に思う。

直線に入って、大外を上がって行くが、まとめて差せる脚は無い。

先頭はと見ると、いつのまにかロゴタイプが颯爽と抜け出している。
すると、i−seatのとなりのロイヤルシートから、床をどんどんと踏みならすような音が聞こえてきて、そしてロゴタイプがゴールした瞬間に、わあーーという大歓声が上がった。

にぎやかだなあとそっちの方を良く見ると、馬主の吉田照哉氏とそのグループであった。

しかし、こちらの方の結果は、周知のとおりだ。

中山名物の「おけら街道」をトボトボと帰る身に、夕方の風がしみた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
i−seatなんてあるんですね。しばらく中山指定席行ってないので、だいぶ変わったのかな。馬券持ってないと競馬場に来た感覚しないので、私も競馬場に行ったら、馬券購入派です。
シナマサ
2013/04/15 23:24
シナマサさん、コメントどうもです。

i−seatは、私も初めてでありましたが、一番奥の方の(ガイドの方は、別棟とか言っていた)クリスタルコーナーの3階にあります。丁度ウイニングサークルの真ん前当たりで、馬主席の近くであり、それらしい人を何人か見ました。

しかし、やっぱ競馬場では馬券ですよね。
気持ちが解って貰えて嬉しいです。
フセイン八木
2013/04/16 09:05
 GTレースがあると指定席はもちろんのこと,
i-seatも取ることができない経験が多いので,
クラシックの日に利用できたなんて,
うらやましい限りです。

やっぱりライブ観戦に勝るものはないですよね・
シンザン
2013/04/18 22:52
シンザンさん、コメントありがとうございました。

二回目の中山でしたが、今回はゆっくり見ることができて堪能しました。
G1レースを生で見るのは、京都、東京についでこれでやっと三回目です。
今度は、阪神のG1レースに行きたいです。
フセイン八木
2013/04/19 02:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
久しぶりの中山競馬場・・・皐月賞(G1)観戦記 たかちゃんの競馬道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる