アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「競馬」のブログ記事

みんなの「競馬」ブログ

タイトル 日 時
春はそこまでPart.2・・・平芝梅林公園(番外編)
ブログ友達の「のそさん」が、静岡の「河津桜」と「早咲きの桜」の素敵な画像をアップされたのを拝見して、 不精な私も昨年同様に「平芝梅林公園」に行って来ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/15 09:03
応援馬見つけた。トラスト・・・・・シンザン記念(G3)
今朝、シンザン記念の出馬表を見ていて気が付いた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/08 08:16
新年を迎えて・・・2017年元旦
新年あけましておめでとうございます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/01/01 09:54
爺ちゃんの底力を見せておやり・・・宝塚記念(マリアライト)
人気が妙に偏っている今回の「宝塚記念」。 前走、天皇賞・春を勝った馬が、二番人気なのに、 その二着馬が、単勝で60倍も付く。 ちょっと、おかしかないか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/06/26 13:29
母さんの夢を追って・・・チェッキーノ(フローラS)
今週のスポニチの馬柱で、懐かしい馬の名前を見つけた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/24 12:17
ジュエラー桜の女王に・・・第76回桜花賞(G1)
チューリップ賞と同じ二頭のマッチレース。 前は、貴方が追い上げられ、今日は貴方が追い上げた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/10 20:22
春はそこまで・・・平芝梅林公園(番外編)
ブログ友の「のそさん」に、私から静岡の河津桜の景色をリクエストさせて頂き、 素敵な画像をアップしていただきました。 本当にありがとうございました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/09 13:27
もう、春の気配・・・中京競馬場
昨日は休日であったが、大事な行事があり外出していた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/02/29 07:18
中京冬の陣・・・2016.02.07
やっと来ました。中京冬の陣。 とは言っても、先週で中京開催は終了し、今日はパークウインズだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/02/10 14:00
新年を迎えて・・・2016年元旦
新年明けましておめでとうございます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2016/01/01 06:58
フジキセキ死す・・・合掌
今朝のスポーツ新聞に、悲しい記事が載っていた。 「フジキセキ死す。」 もう、種付けは止めており、余生を静かに送っていると思っていただけに、 本当に残念だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/12/30 07:51
明日に向かって走れ!・・・ウインオスカー(朝日杯FS)
朝日杯FS(G1)の馬柱を見て驚いた。 私が永く応援していた種牡馬が母の父で、今まさに応援している種牡馬を 父に持つ馬を見つけたからだ。 その名は、「ウインオスカー」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/12/19 13:52
親父に続いて夢を叶えろ・・・ゴールドアクターG2ゲット
先週、嬉しい事が起きた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/15 08:41
さあ、夏競馬第1弾・・・メイケイペガスター(中京記念)
嫁に無理言って、やっと来ました。中京、夏の陣、最終日。 お目当ては、メイケイペガスター。 彼は、ステップレースの共同通信杯を勝って、クラシックの権利を取り、 フジキセキ産駒初のクラシック制覇を目指した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2015/07/29 16:50
娘の夏休み・・・さあ、夏競馬(番外編)
さあ、夏競馬が始まった。 夏は、やっぱり現地でと、あっちこっちへ出かけていたが、今年は訳ありで毎週テレビ観戦だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/20 12:46
三度目の正直・・・ディアデラマドレ(宝塚記念)
牡馬の混じったG3の愛知杯を勝った貴方は、G1馬への夢が広がりましたが、 この二走は、最速の上りタイムを駆使しても、差し届かずの残念なレースが続きました。 やはり、1,600mは、貴方には忙しすぎたのかも知れません。 いくら懸命に追いかけても、前の馬が止まらなかったのでしょう・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2015/06/24 02:26
永い間、お疲れ様・・・歴戦の二頭が引退
いつも読んでるスポニチの、「ハープ電撃引退」という大見出しの片隅に、 その二頭の引退記事はあった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/05/09 05:07
牡馬を蹴散らせておやり・・・ディアデラマドレ(マイラーズC(G2))
 今週、待っていた応援馬が登場する。 「ディアデラマドレ」だ。 目標は、ヴィクトリアMで、今回が年末の愛知杯以来で、年明け初戦となる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2015/04/23 01:52
親に似ぬ子は、鬼子・・・モーリス(ダービー卿CT)
最後の直線で、ぐっと他馬を引き離した君は、三連勝で堂々と安田記念への挑戦権をゲットした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/04/06 01:34
父に捧げる勝利・・・ココロノアイ(チューリップ賞)
直線大外に持ち出した君が、ぐっと伸びて先頭に躍り出た。 低評価をあざ笑うかのような快勝だった。 典さんの描いていたとおりの結果だったと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

2015/03/07 22:38
ステイゴールド死す・・・合掌
金曜日に悲しい記事が載っていた。 「ステイゴールド急死(21歳)」。 流石に高齢とは思っていたが、今年もまだ種付けをしており、突然の事に驚いた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

2015/02/08 08:48
新年を迎えて・・・2015年正月
新年明けましておめでとうございます。 と言っても、今日はもう三日。いきなりの筆不精で、恥ずかしい限りです。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 4

2015/01/03 08:20
来年に繋がる勝利・・・ディアデラマドレ
 土曜日の愛知杯(G3)、応援馬のディアデラマドレが勝利した。 前走「エリザベス女王杯(G1)は、差し届かずの三着で悔しい想いをしていたので、、 「G3では、負けられない。」と、意地を見せた結果となった。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/12/22 00:51
パソコン炎上Part.2・・・番外編
久しぶりです。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 5

2014/11/24 08:34
静かに鞭をおく・・・佐藤哲三騎手
「やっぱり、辞めるのか?」 電話の声は、田中勝春だった。 「自分なりに、粘ってはみたが、どうも体は戻らないらしい。」 と私。 「まだ、やれたのになあ。でも、ケガでは、仕方がないか。」 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/09/23 08:50
ラムタラの血をつなぐ・・・ヒルノダムール
先週の新聞に、「ラムタラが死亡」とあった。 ラムタラは、ニジンスキーの直仔で、1995年の英ダービーを勝ち、 その後凱旋門賞も勝って4戦無敗で引退をした名馬である。 その「奇跡の馬」を、何と、日本が44億円で輸入した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/07/16 16:13
娘に託す母の夢・・・ディアデラマドレ(マーメイドステークス)
大外を一気に駆け抜けた貴方は、とうとう初重賞をゲットしました。 クラシックには間に合わなかったけれど、 今後のさらなる活躍のきっかけを掴みました。 その素晴らしい差し脚は、私に貴方のお母さんを想い出させました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/17 07:50
クラシックへの戦いが幕を閉じる・・・フジキセキ(日本ダービー(G1))
ゴール前の二頭のマッチレース。 思わず、悲鳴に似た応援の声が、テレビに向かって発せられた。 自分でも不思議な声だった。 でも、願いは叶わず、無念の結果となった。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/06/02 19:46
母の果たせなかった夢・・・ベッラレジーナ(オークス(G1))
絶対女王に立ち向かって、樫の女王を目指す17頭。 その中に、懐かしい馬を見つけた。「ベッラレジーナ」。 指定オープンのスイートピーSで2着に来て、何とか出走に漕ぎ着けた。 その母は、「ベッラレイア」。 桜花賞は出れなかったが、その後急成長して、トライアルのフローラステークスを快勝し、 一番人気で臨んだ2007年の「オークス」で、ハナ差で涙を吞んだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 2

2014/05/21 07:51
湘南(ショウナン)の風・・・・NHKマイルC(G1)
3歳クラシックには駒を進めなかったけれど、 この距離でこその馬を競う、G1「NHKマイルC」。 ここに、ディープインパクトではなくて、二頭の産駒を出走させる父内国産馬がいる。 「ショウナンカンプ」。 高松宮記念(G1)の勝ち馬である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 2

2014/05/09 23:56
ノーザンテースト牝馬・・・マイラーズカップ(G2)
 一世を風靡した「ノーザンテースト牝馬」の産駒を、最近めっきり見かけなくなった。 日本の競馬のレベルアップに貢献したノーザンテーストだが、彼が種牡馬を引退してから時間も経っており、仕方ないことか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2014/04/24 01:54
牝馬のディープに翳りあり・・・桜花賞(G1)
 牝馬のG1と言えば、ディープインパクトというのが常識となっている。 先日も、ジェンティルドンナが国際G1を勝利したばかりだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 2

2014/04/12 08:23
さあ最後の年だ・・・初のクラシック制覇へフジキセキ(皐月賞)
スプリングステークスが終わり、さあ皐月賞となるが、今年は空前の混戦ムードで、我らが予想陣をわくわくさせる。 一応、弥生賞を制した「トゥザワールド」がわずかにリードしているというのが下馬評であるが、果たしてそうなのか? 皐月賞と同コース、同距離を優勝したのは、やはり有利に働くのか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 2

2014/03/27 07:55
ガサねたを重ねて(Part.2)・・・東京新聞杯(G3)
雪で一週延びた「東京新聞杯」。 上京した関西馬にとっては、無駄な輸送でくたびれただけとなった。 そのため、出走を諦めた馬もいる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 4

2014/02/14 23:10
無事是名馬・・・セイクリムズン(根岸ステークス(G3))
今週の日曜東京のメインは、根岸ステークス(G3)。 ダートのG1、フェブラリーSを目指す馬たちの登竜門である。 三年前のこのレースの勝ち馬が、今年も果敢にこのレースに挑戦する。 一昨年は、6着だったが、昨年は3着と好走し、まだまだ若い所を示している。 自身もう8歳馬になって、なんと5回目の挑戦となるようだが、 今でも元気に走り続けている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2014/01/31 19:33
がさネタを重ねて・・・京都牝馬ステークス(G3)
今週、土曜日。京都のメインの11Rは「京都牝馬ステークス」。 そこに、気になる馬が三頭出ている。 ブログの冒頭の、紹介文に、がさネタを披露するとあるが、 まさにそのがさネタとなってしまった(それは結果論であり、その時はようようといているのだが・・・。)三頭なのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/23 15:13
新年を迎えて・・・2014年元旦
新年あけましておめでとうございます。 あいにくの曇り空です。 初日の出は拝めそうにありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2014/01/01 07:50
トレヴのパワーが炸裂か・・・天皇賞・秋(G1)
日本人のまた日本の競馬界の悲願を、木っ端微塵に砕いた歴史的名馬「トレヴ」。 その近親が、今週の天皇賞・秋に出走する。 そう、丸外でフランス産馬の「アンコイルド」だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 2

2013/10/26 01:18
ダンスはすんだ?・・・毎日王冠(G2)
 先のブログで「チョウサン」の事を書いたが、そのチョウサンが2007年にレースレコードで勝った「毎日王冠」が今週行われる。  チョウサンの父は、ダンスインザダークである。  ダンス自身は、菊花賞馬で、種牡馬としてもザッツザプレンティやデルタブルースやスリーロールスなど菊花賞馬を出してはいるが、ツルマルボーイやチョウサンのように中距離を走る馬も出している。 ダンスははや20歳で、最近はG1馬など目立った活躍馬を出していない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2013/10/05 00:44
チョウサン頑張れ・・・セントライト記念(G2)
さっきまでのもの凄い風がやんで、雨だけが降り続いています。 すぐそばを台風が通ったと解って納得。 各地の被害は甚大であり、被災された方にはお見舞い申し上げます。 その台風の影響で、三連休を毎日競馬で過ごす楽しみはなくなったけれど、 何とか明日は、開催してほしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/16 10:48
パソコン炎上・・・中京競馬観戦記(番外編)
今日も暑い日が続いています。 久しぶりの更新であります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/14 15:20
阪神競馬観戦記・・・梅雨のずる休みにマーメードS(G3)
温泉街の停車場を発車したバスが、何故か昨年と違う道を走り出した。 昨年は、ずっとカップル一組と私だけだったのに、今日は停留所に着く度に客が乗ってくる。 景色は違うし、なかなか着かない。 どうも、宝塚までもう一系統あるようだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2013/06/12 23:53
日本ダービー(G1)観戦記・・・フジキセキのクラシック制覇の夢無惨
かなり前の事となるが、一度だけ訪ねた事がある「東京競馬場」。 圧倒的な一番人気のシンボリルドルフがギャロップダイナに負けた秋・天の日だ。 当時も10万人以上入っていたと思うが、 そのゴールの瞬間から数秒間、競馬場がシーンとなった事を、以前ブログに書いたことがある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2013/05/28 01:18
母の果たせなかった夢を・・・オークス(プリンセスジャック)
今年の牝馬路線も、定番となったディープ産駒が独占する勢いだ。 桜花賞のワンツーを始め、オークストライアルのフローラステークスもワンツーで、 今週のオークスも、もう結果が見えているように思える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2013/05/18 00:21
新装なった東京駅・・・中山競馬観戦記・番外編
今、東京で賑わっているのは、「東京スカイツリー」と「東京ソラマチ」周辺であるが、 もうひとつ、行ってみたいスポットがある。 先に、中山で皐月賞を生観戦した事は書いたが、 実は、その日の前日に東京巡りをした際に、新装なった東京駅を訪れた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2013/05/03 08:54
ディープ産駒にチャンス到来・・・青葉賞(G2)
華やかな天皇賞(春)の裏番組となる「青葉賞」。 天皇賞は、ステゴ産駒に注目が集まっているが、 今年の三歳戦は、少し変だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 4

2013/04/23 14:54
久しぶりの中山競馬場・・・皐月賞(G1)観戦記
何年か前、確か改修した直後だったように思うが、訪ねた事がある中山競馬場。 とっても綺麗で、当時としては、洒落たとこだなという印象が残っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/04/15 20:56
二つの不思議が今とける・・・メイケイペガスター(皐月賞(G1))
この前のブログで、サンデーサイレンス後継種牡馬の中でもとりわけマイナーな 「ロサード」の話を書かせてもらった。 残念な結果に終わり、うちひしがれている状況の中ではあるが、 聞いてみたい事がある。 「サンデーの後継種牡馬のナンバー・ワンは、誰であるか?」 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 4

2013/04/10 00:36
薔薇一族の復活なるか・・・クラウンロゼ(桜花賞(G1))
サンデーサイレンスの後継種牡馬としては、かなりマイナーな部類にはいる「ロサード」。 彼は、お姉さんがロゼカラーといういわゆる薔薇一族の一員で、 二歳時に、新潟3歳S(当時のレース名)G3を勝ち、注目を浴びた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 2

2013/04/06 21:54
新人(?)騎手戸崎 中京初見参・・・第2回中京競馬初日
大井でならした豪腕騎手が、ようようと中央に乗り込んで来た。 戸崎圭太 32歳。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/03/11 20:42
福山のいぶし銀岡田中央入り・・・新規騎手免許試験合格者発表
「良かったな。おめでとう。」 と、中央の岩田騎手から電話があった。 「おうっ。」と、そっけなく言ったものの、それ以上言葉が続かなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/10 08:00
若くして他界した母に捧ぐ・・・トライアンフマーチ
今日、東京新聞杯に出走する「トライアンフマーチ」。 前走の京都金杯で、私に今年初の万馬券をプレゼントしてくれた馬だ。 馬柱で彼を見つけた私は、昔を懐かしく想って思わず馬券を買ってしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2013/02/03 08:43
今年の夢はダメジャーです・・・京成杯(G3)
今年が種牡馬になって、三世代目の馬がデビューとなるダメジャーこと「ダイワメジャー」。 ノーザンテースト牝馬にサンデーサイレンスをつけた馬で、G1を勝った数少ない馬のうちの一頭である。 「それ故、良い仔を出すぞ。」と思って見守っていたら、初年度の二歳馬のリーディングが「ディープインパクト」に次ぐ二位というスタートだった。 (2歳リーディングの栄冠は?・・・阪神ジュベナイルF 2011/12/08 参照) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2013/01/09 04:17
初日の出を見ています・・・2013年元旦
3階の窓から、初日の出を見ています。 穏やかな正月です。 例年より、少し暖かく感じます。 皆さん、新年明けましておめでとうございます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 6

2013/01/01 08:11
私の夢はステゴ丼です・・・有馬記念(G1)
今週の週刊競馬ブック 有馬記念特集の血統欄の記事を見て驚いた。 2008年からこの5年間の、有馬記念と同じ、中山芝2,500mのレースの種牡馬別成績は、 なんと「ステイゴールド」が7勝と一番なのだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 6

2012/12/20 23:53
応援馬が揃って引退・・・ヒルノダムール・エイシンアポロン
今年の馬券は絶不調であるが、昨年は何年かぶりに(何年前か忘れるぐらいだが) 馬券収支はプラスだった。 2歳から応援していたオルフェーヴルが4冠を取ったのが、その主な要因ではあるが、 永い間応援をして痛い目に合ってきた馬が、 何とG1レースをゲットしたのもその一因だろう。 (その馬が人気をしょってなかったので、馬券もそこそこ美味しかった。) ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 4

2012/12/01 06:41
叶わなかったG1の夢・・・セイクリムズン
岩田さんに勧められて、どん底からはい上がった俺は、 交流G3を三連勝し、とうとう浦和でG2もゲットした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/11/05 21:59
ダンパの仔がG1に向け再出発・・・毎日王冠
私が応援していたダンパの仔、 フェデラリスト(2012/06/22のブログ参照)は、 今年OPに駆け上がり、G2まで勝ってようようとG1宝塚記念に登場したが、 はね飛ばされてしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 4

2012/10/07 07:28
ステゴ産駒がゾクゾク登場・・・秋競馬
海外から、凱旋門賞の前哨戦である「フォア賞(G2)」を、 「オルフェーヴル」が完勝したというニュースが入り、いよいよ本番での活躍が期待される。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 6

2012/09/20 23:37
我が家の盆休み・・・番外編(関屋記念)
 今日は、朝早くから父宅の掃除である。 父は、定型的な日本人で、仕事一筋であり家庭の事は何一つしなかった。 みんな母任せだった。 その母が亡くなった今は、もうそんな事を言ってらんないと思うのだが、 相変わらずだ。 多分、ほとんど自分では掃除をしない。目に付いたゴミを拾うくらいだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/15 01:06
さあ、夢に見た阪神、初見参・・・ホントかよお!
温泉街の停車場を発車したバスが、市境の峠を越えると、 つづら折りの道を下りだした。 新緑の木々と時々覗く青空が絶妙のコントラストだ。 昼飯の時に飲んだ、酒がかすかに効いてきた。 向こう側の席のカップルの話も、苦にならなくなって、ぼうっと外を見る。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/07/05 00:54
ダンパの仔がようやくG1出走・・・宝塚記念
私が応援した牝馬の一頭で、オークス馬のダンスパートナー。 牡馬に混じってG1レースを好走した彼女。 「繁殖にあがっても、レースに走らせ過ぎた馬は、良い仔をださない。」 と、言われるのを聞いた事があるが、 まさしくそんな感じの産駒の成績だ。 なかなか、母の後を次ぐ馬がでない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 2

2012/06/22 00:26
ドバイの借りは、日本で返す・・・ミッドサマーフェア(オークス)
昨年のドバイワールドカップは、日本馬がワンツーとなる奇跡が起きた。 数々の敗戦を糧に、とうとう日本馬が勝利したのだ。 日本贔屓の騎手の腕前もあったが、大震災から立ち直ろうとする力が後押ししたとも思える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

2012/05/19 07:20
夢破れてもなお・・・セイクリムズン
不出走の父、「エイシンサンディ」の仔である俺は、 日の当たる所へは出れないと決めていた。 従って若い頃は、そこそこ走って飼い葉代だけは稼いで、 退厩だけは免れる生活をしていた。 しかし、4歳の春に、岩田さんで栗東Sを勝ってから俄然調子が出てきた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 5

2012/05/05 12:02
父仔制覇なるか・・・皐月賞
牝馬はまかせろ状態だった、ディープ産駒。 ファーストクロップから、二年連続で桜花賞をゲットした。 昨年は、牡馬は今一つであったが、今年はどうだ。 堂々と5頭もの産駒を皐月賞に送り込んだ。 「ワールドエース」や「ディープブリランテ」など有力馬が居て、 史上8頭目となる父仔制覇を目指している。 しかし、父ディープは、どちらかと言うと、中山は苦手だった。 皐月は勝ったが、その年の有馬では負けている。 そんな父の苦手を克服して、初の皐月賞父仔制覇馬となるのでしょうか。 もし、ワールドエ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 9

2012/04/14 13:33
三文字の冠馬だ・・・桜花賞(G1)
 今年も春のG1シリーズがやってきた。 昨年、G1レースの度に出されるJRAのCMに隠されているヒントを度々見つけだしては、 その馬券を買い、高配をゲットした。 恥ずかしながら、そのお陰で久しぶりに年間収支プラスを計上した。    さて、今年の「桜花賞」の新聞の一面広告。 これは、どうだ。昨年の広告と全然違って、何やら一杯馬が載っている。 トライアル等勝ちの有力馬が勢揃いだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 4

2012/04/07 07:42
お兄ちゃんにG1を穫らせたい・・・ワンカラット(高松宮記念)
2歳の夏に、小倉で新馬勝ちした時から、これまで26戦。 大きな怪我もなく無事走り続けた私。 4歳時には、「サマースプリントの王」に輝いた事もあるけど、 ついぞG1には届かなかった。 ずうっと私と一緒に走ってくれたお兄ちゃんこと、「藤岡佑介」騎手。 お兄ちゃんは、弟康太君に先を越されてしまったけれど、いまだG1をゲットしていない。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 6

2012/03/19 23:49
ラスト・ラン・・・安藤光彰
競馬の世界は、我々と違って、2月が区切りとなる。 今月末を持って、定年となる調教師や引退する騎手がいて、3月には、新人騎手がデブューする。 この二月で引退を決意した、安藤光騎手。 安勝の一つ上の兄であるが、弟の後を追って、地方から中央の騎手となったのだ。 弟の素晴らしい活躍に比べ、非常に地味な成績に終わっているが、 とうとう現在JRA最高齢騎手となった。 「試験に受かったぞー。」と言って喜んで弟に電話したのが、 つい先日のように想い出される。 (お兄さん、見てくれましたか・・・安... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/25 09:00
グランドオープン間近・・・ニュー中京競馬場
3月3日(土)のグランドオープンが間近となった「中京競馬場」。 最近脚を運んでなかったので、ちゃんと出来ているのかなと思って、 先週の日曜日に覗いてみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 6

2012/02/08 09:04
応援馬が揃って発走・・・忙しい週末
新年の競馬も二開催目に入り、春競馬もそろそろ盛り上がってくる頃であるが、今週は大変な事となった。 私の応援馬が揃って始動し始めるからだ。 東京の根岸ステークスには、「セイクリムズン」。 (2011/02/18のブログ「夢叶わなかった父に捧ぐG1・・・セイクリムズン参照) 京都の京都牝馬Sには、「ダンスファンタジア」と「エリンコート」。 (2010/12/10のブログ「ダンスインザムードの想い出・・・阪神JF ) (2011/08/07のブログ「社台の夢第二部・・・デュランダル) 白... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2012/01/28 14:40
初日の出が見えます・・・2012年元旦
パソコンが置いてある三階の窓から、初日が降り注いでいます。 久しぶりに穏やかな正月です。 皆さん、新年明けましておめでとうございます。 ブログを開設してから、六年目の正月となりました。 昨年は、一万アクセスを迎えました。 これもひとえに、お訪ね頂いている皆さんのお陰でありまして、 心より感謝です。 そして、今年もどうぞ宜しくです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 10

2012/01/01 08:10
トウカイテイオーの想い出・・・有馬記念
私が、一番記憶に残っている有馬記念は、文句無しに1993年のトウカイテイオーの一年ぶりの復活劇である。 そのことは、前に何度もブログに書いた。 (有馬記念の想い出・・・トウカイテイオー 2010.12.23) 前年に岡部騎手から乗り変わった田原が、トウカイテイオーで惨敗し、 翌年、一年ぶりにレース(有馬記念)に出て、岡部の乗ったビワアヤヒデを田原が交わして勝ったレースである。 思わず、勝った田原につられて涙したのを覚えている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 6

2011/12/23 23:43
2歳リーディングの栄冠は?・・・阪神ジュベナイルF
今週の週刊競馬ブックに、JRAサラブレッド2歳馬のリーディングサイアーが載っている。 昨年の新種牡馬で、レコードを塗り替えて2歳リーディングの栄冠に輝いた 「ディープインパクト」の連勝かと思いきや、 以外にも横一線のデッドヒートである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 6

2011/12/08 05:46
スクリーンヒーローの想い出・・・ジャパンカップ(G1)
私が初めて日本最強馬(当時の)と思った馬。 なけなしの小遣いをかき集めて初めて単勝一万円を賭けた馬。 それが、ダイナアクトレス。 彼女は、終ぞG1馬にはなれなかったが、一番強さを見せたのが1987年のJCだ。 全馬討ち死にした日本牡馬を尻目に、ハイスピードで抜け出した外国馬ルグロリューに、 日本馬でただ一頭迫ったのが彼女だった。 それが、私に彼女を最強馬と思わせたのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 9

2011/11/25 04:17
買えなかった10万馬券・・・マイルチャンピオンシップ(G1)
正月の初夢で一回だけ競馬の夢を観たことがあった。 平成7年の事である。 一回ぐらい観ても良いよなあなんて勝手に思っていた矢先の事だった。 ぼやっとしたシーンの中で、印象に残った一つの事。 それは、18番の馬がつっこんで、どえらい馬券が飛び出したというのだ。 最近なら、18番ゲートまでのレースが多くなったが、 当時では、確かG1レースだけが18頭立てだったような気がする。 レース名は出てこないが、兎に角G1レースに違いないと思った。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 13

2011/11/16 18:25
ホクトベガの想い出・・・エリザベス女王杯
私が長く応援し続けた牝馬の中で、一番想い出深くそして悲しみ深い馬「ホクトベガ」。 彼女が初めて勝ったG1レースが、エリザベス女王杯である。 父ナグルスキーでぱっとしなかった彼女は、春のクラシック戦線を、 ことごとく武豊騎乗のベガに打ちのめされた。 そして迎えた「エリザベス女王杯」。 しかし、私はそのたぐいまれな根性と、いつかは光るだろう可能性に賭けて本命とした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 2

2011/11/12 13:32
ギャロップダイナの想い出・・・天皇賞(秋)
これまで東京競馬場へは数回行っているが、天皇賞・秋を見たのはただ一回である。 それは、ギャロップダイナには悪いが、彼を見に行ったのではない。 前年無敗で三冠馬になったシンボリルドルフをもう一回見たかったからだ。 絶対本命であったそのレース。 ルドルフは余裕の好位追走から、 直線2・3番人気だった馬達をあっさり交わして先頭に立ち、 誰もが勝利を確信したその時だった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 4 / コメント 8

2011/10/28 05:10
シンポリルドルフの想い出・・・菊花賞
忘れもしないあの時の菊花賞。 シンザンなど数少ない三冠馬の中で無敗でそれを達成した馬は皆無だった。 その可能性を秘めた馬が現れた。その名はシンボリルドルフ。 古い三冠馬のレースを見た事がないので、どのくらい強いのか比較はできないが、 もし彼が菊を勝ったら、その馬達を越える事になるのかも知れない。 もう、そんな馬は二度と出ないかもしれないと思ったら、 居ても立っても居られなくなった。 夢中で高速バスに乗り込み、京都競馬場に着いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2011/10/23 05:14
ティコティコタックの想い出・・・秋華賞
先週、シンボリルドルフに続いて、「サッカーボーイ」が蹄葉炎のため26歳で他界した。 「サッカーボーイ」は、社台Gが輸入した種牡馬「ディクタス」の残した二頭のG1馬のうちの一頭であり、 (また、ステイゴールドの母も、ディクタスの仔である。) このことは、何度もこのブログで書いている。 彼は、阪神3歳ステークスを当時のレコードタイムで走り、4歳時にマイルチャンピオンSを勝利した、 いわゆるマイラーであった。 彼は種牡馬となり、牡馬二頭・牝馬一頭のG1馬を出しているが、 その牝馬が200... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2011/10/14 04:32
チョウサンの想い出・・・毎日王冠
今日の夕刊紙で、毎日王冠の馬柱を見て、驚いた。 このレースのレコードは、1.44.2でチョウサンなのだ。 平成7年のレースの勝ち馬である。 私は、このレースで8番人気だったこの馬から、馬券を買ったのだ。 その事は、2007/10/06の「チョウサン・・・毎日王冠」に書いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2011/10/08 03:36
ダンスの復活はあるのか・・・ポートアイランドステークス
華麗なる一族に生まれた牝馬、ダンスファンタジア。 その事は、昨年の暮れの阪神JFの時にブログに書いた。 その偉大なる母に追いつこうと、必至に頑張った春。 年明けの重賞を楽勝して期待が膨らんだが、 何故か思ったほど本番もその後もぱっとしなかった。 そして、休養。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/10/02 00:04
鬼の居ぬ間に・・・フェイトフルウォー
クラシック初制覇を狙ったステイゴールド産駒三頭が、 共に走った牡馬クラシックの二走。 (その事は、皐月賞のプログに書いた。) 初のクラシック制覇に加えダービーまで穫って、二冠達成したオルフェーヴル。 二レースとも掲示板を外さず、先輩とともに渡欧したナカヤマナイト。 期待に背き、二レースとも何故か凡走し、その二頭に大きく水を空けられた感じのフェイトフルウォー。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2011/09/19 00:41
ハイレベルな新種牡馬・・・アドマイヤムーン・ダイワメジャー
今年2歳馬がデビューする新種牡馬は、ハイレベルである。 週刊競馬ブックに載った8月23日付けの2歳リーディングサイアーによると、 ベスト60位までに、12頭もの新種牡馬が入っている。 中でも、すでに重賞勝ち馬を出した「アドマイヤムーン」は、堂々第一位であり、 それと6頭の勝ち馬を出している「ダイワメジャー」は4位、 9頭もの勝ち馬を出している「ケイムホーム」は10位と、 ベスト10に三頭も入る凄さとなっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2011/09/03 14:05
2つ目のG1を目指す・・・ジョーカプチーノ
今日の札幌メインの「キーンランドカップ」は、昨年サマースプリントチャンピオンとなった ワンカラットが快勝したレースだ。 ワンカラットは、私が三歳からずっと応援し転け続けていたのだが、 このレースで素質開花し、チャンプとなったものであり、想い出深い。 その上、三着となったベストロケーションは、私が初めて単勝1万円を賭けた 「ダイナアクトレス(ノーザンテースト産駒でダービー馬のダイナガリバーと同期)」の最後の仔である。 (子と孫と・・・ダイナアクトレス参照されたし。) 彼女も応援してい... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2011/08/28 08:27
早くも年間100勝・・・キングカメカメハ
週刊競馬ブックの「馬産地リポート」に、こんな記事が出ていた。 「キングカメカメハがJRA年間100勝を達成」。 2004年のダービー馬である彼は、05年に種牡馬入りして、 08年から産駒がデビューすると、2年連続で2歳チャンピオンとなり、 昨年2010年には、飛躍的に躍進し、トニービン以来16年振りに、 非サンデー系でリーディンク゜サイヤーとなった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2011/08/12 16:10
社台の夢第二部・・・デュランダル
今春、デュランダルの仔「エリンコート」がオークスを勝った。 デュランダル自身は、1200と1600mのG1しか勝っていないが、 仔にクラシックディスタンスを勝利させ、種牡馬としての実力の片鱗を見せ始めた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2011/08/07 05:27
待っていました・・・マゼラン再復活
先々週、初仔をデビューさせた、ディアデラノビア。 (結果は、残念だった。) その弟が、まだ走っている。マゼラン牡6歳だ。 デビュー時点から注目をして、度々ブログにも書いた。 東京の500万下の2400mを、で色のタイムで勝ち、青葉賞に挑戦。 そこで骨折して、休養。 (弟よ・・・ディアデラノビア 2008/02/14) (お待たせしました・・・マゼラン復活 2009/07/20) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 6

2011/06/28 08:16
JRAからのヒント5・・・宝塚記念(G1)
今年のG1レースは、JRAのCMからヒントが出ている事は、この前に書いた。 (JRAからのヒント・・・日本ダービー(G1) 2011/05/26) 今週は、宝塚記念。 出てきたのは、サイレンススズカ。 いつも、ぶっちぎりの逃げ馬で、あの伝説の毎日王冠で、 グラスワンダーとエルコンドルパサーを負かして、 六連勝で臨んだ、次の天皇賞・秋でそのまま天国まで、走り抜けた馬だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 3 / コメント 10

2011/06/24 01:00
初仔デビュー・・・ディアデラノビア
関西圏では、最初の新馬戦となる、18日・19日。 注目度が高い19日の芝1600mに、 かつて一生懸命応援していた「ディアデラノビア」の初仔が登場する。 早いものだ。 デアリングハートとともに、牧場へ送り出してから、もう三年が経ったのだ。 (ディア・デアともに故郷へ 2008/03/05) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/12 15:40
JRAからのヒントその4・・・安田記念
今年のG1レースは、JRAのCMにヒントが隠されている。 皐月賞・日本ダービーのオルフェーヴル、 天皇賞・春のヒルノダムールだ。 その事は、この前回のブログに書いた。 今度は、安田記念。 出てきたのは、タイキシャトル。 マル外(外国産馬)のため、クラシックには出れなかったが、 マイル以下の短距離路線で、マイルCSなど日本とフランスのG1を勝ち、 短距離馬で初めての年度代表馬となった馬だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 3 / コメント 2

2011/06/04 08:35
JRAからのヒント・・・日本ダービー(G1)
今年のG1レースは、JRAのCMにヒントが隠されていた。 皐月賞の週には、「ミホノブルボン」の映像が流れた。 そのミホノブルボンと同じで、スプリングSを勝った「オルフェーブル」が勝利した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 6

2011/05/26 16:08
次世代に夢を繋げ・・・エアシェイディ
木曜日のスポニチの片隅にポツンと出ていた「シェイディ抹消」の記事。 再起に向けた調教中に、故障し競争能力喪失となったからだ。 すでに、10歳。 そんなにまでも走らせなくてもと思ってはいたが、やはりという感じだ。 彼はG2のアメリカンJCを制するも、終ぞG1馬にはなれなかった。 ノーザンテースト牝馬に、父サンデーサイレンスという 「社台が目指した夢の配合」の持ち主だ。 その事は、私のブログに書いた。 (ラストチャンス・・・エアシェイディ 2009/12/23) ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/05/21 23:23
お姫様機嫌を直してくださいまし・・・NHKマイルC
過去には、クロフネ、キンカメ、ディープスカイととんでも無い馬も出ているが、 そうでない時は大荒れのレースとなる事が多い「NHKマイルC」。 時々牝馬が勝利するレースでもある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2011/05/08 02:21
二週連続で応援馬がG1をゲット・・・ヒルノダムール
先週のオルフェーヴルに続いて、今週もヒルノダムールが天皇賞(春)を快勝。 珍しく、ほんとに珍しく応援馬が二週連続でG1をゲットしました。 競馬を始めて何年かなるけれど、こんな事は初めてです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2011/05/03 18:18
最強四歳世代でピサに続く馬は誰か・・・天皇賞(春)
四歳から九歳までの馬が集う「天皇賞(春)」。 日本で一番長い距離を争うG1レースである。 これまで数々のステイヤーを世に送り出してきた名物レースだ。 想い出すのは、やはりメジロマックイーンか。 長距離なら、この馬だと誰もが認めていたものだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 4

2011/04/30 20:23
父ステゴに初のクラシック馬・・・オルフェーヴル
追いすがるフジキセキの仔を尻目に、 堂々の三馬身差の勝利。 父ステゴと同様に、苦手と思わせた東京競馬場をもろともせず、 オルフェーヴルは、父に初のクラシック制覇をプレゼントした。 父同様、グランプリ馬である兄ドリジャニも成し得なかった事だ。 (私のその想いは、2011/01/08のブログ「兄に続く夢に再スタート・・・オルフェーヴル」に書いた。) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/04/26 15:24
前門の虎後門の狼・・・皐月賞
桜花賞に勝って、びっくりだが、 初年度産駒からもうクラシック馬を出した「ディープインバクト」。 桜花賞に続いて、皐月賞にも有力馬3頭を送り込んできた。 ダノンバラード、トーセンラー、リベルタス。 いずれも有力馬で、初年度では初の牡牝第一冠独占の可能性を残している。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2011/04/20 15:06
桜花賞母仔制覇なるか・・・ダンスファンタジア
桜花賞に出走するダンスファンタジアの母は、ダンスインザムード。 その馬の事は、2010/12/10のブログ「ダンスインザムードの想い出・・・阪神JF」で紹介した。 母は桜花賞に出走し、武豊を乗せて楽勝している。 同じレースで、娘が親子制覇を目指している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 8

2011/04/09 02:21
兄弟対決パート2・・・高松宮記念
前に、同じタイトルのブログを書いたのは、二年前の5月だ。 (兄弟対決・・・NHKマイルC 2009/05/10)その時、弟の藤岡康太は、10番人気のジョーカプチーノをG1馬にした。 若い勢いでもぎ取った勲章だ。 しかしその後、ジョーは凡走続きで、「まぐれのG1馬」と言われている。 中竹調教師は、そうでない事を証明するんだと、 今回は力が入っている。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 6 / コメント 4

2011/03/25 10:09
佑介の夢を叶える・・・ワンカラット
阪急杯(G3)に出走するワンカラット。 藤岡佑介のお手馬である。 彼に初めて牝馬のクラシックを夢見させた馬だ。 トライアルを勝って臨んだ桜花賞、 惜しくも、あのブエナビスタの4着と破れた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/02/27 05:24
夢叶わなかった父に捧ぐG1・・・セイクリムズン
今年初めてのG1レース、フェブラリーSに出走する「セイクリムズン」。 その父は、「エイシンサンディ」である。 何処かで聞いたような感じがする馬名だが、あまり聞いたことが無い筈だ。 サンデーサイレンスの2世代目産駒で、 皐月賞を勝ったイシノサンデーや菊花賞馬のダンスインザダークと同期である。 しかし、彼は子供の時に牧場の柵を越えようとして大怪我をして、 終ぞ競走馬としてデビューが出来なかった。 しかし、母系にノーザンダンサーの血を持つために、 何とかサンデーサイレンスの後継種牡馬と... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 1

2011/02/18 16:34
クロフネ姉妹が大暴れ・・・京都牝馬ステークス(G3)
毎年冬恒例の、京都牝馬ステークス。 熟女達が生き残りを賭けるレースだ。 G1では、ちょっと足らない牝馬達が集う。 私が応援していた馬達もここで一旗揚げている。 ハッピーバスやディアデラノビアなのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/01/26 09:10
祝10000アクセス達成・・・番外編
ブログを立ち上げて、5年目を迎えました。 そして、めでたく先週の19日に、 10000アクセスを達成致しました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/01/26 07:55
兄に続く夢に再スタート・・・オルフェーヴル
シンザン記念(G3)に出走するオルフェーヴル。 ご存知、一昨年グランプリを連覇したドリームジャーニーの弟だ。 この事は、私のブログ(2010/08/15 兄に続け!夢のスタート・・・オルフェーヴル)に書いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

2011/01/08 02:02
やっと日が見えました・・・寒い元旦
朝方になって、雪は止んで、先ほどやっと日が顔を出しました。 初日です。 今年も寒い元旦です。 暑かった去年からは、想像も出来ないような雪景色です。 ブログを立ち上げて早5年目の正月となりました。 我ながら、良く続いていると思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 6

2011/01/01 10:57
有馬記念の想い出・・・トウカイテイオー
JCの行われた東京競馬場に久しぶりに登場したシンボリルドルフ。 種牡馬となり、すでに29歳だが、どことなく風格があった。 やはり、名馬は違う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 4 / コメント 4

2010/12/23 05:38
ダンスインザムードの想い出・・・阪神JF
ダンスインザダーク、ダンスパートナーと続く華麗なるダンス一族に生まれた牝馬。 その名は、ダンスインザムード。 暮れの中山での新馬戦は、ペリエ騎乗で6馬身差の圧勝だった。 明けて臨んだ1月25日の2戦目中山の「若竹賞」。 私は、わざわざ中京競馬場まで出かけて、このレースをオーロラビジョンで見に行った。 このレース振りで、本当に強いのか見定めようとしたのだ。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 4

2010/12/10 23:27
遅れてきた青年・・・ヒルノダムール
先週の ジャパンカップは、盛り上がりました。 外国へ行って、惜しくも2着した2頭。 いずれも、国内では敵なしの名馬達。 その取り巻きも、凄いメンバーで外国馬達も含め、 こんな賑わうJCは、ホント久しぶりだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/04 13:31
頼りになるのお・・・ジョーカプチーノ(スワンS)
いやあ、頼りになるのお・・・ジョーカプチーノ。 今日のスワンSにダービー以来の一年半振りに登場。 プラス38kgの馬体重。 成長分を見込んでも明らかに太い。 馬体重発表とともに、単勝の人気はうんと下がった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/10/31 00:50
父子制覇の夢・・・ヒルノダムール
牡馬クラシックの中で一番当てた記憶の多いレース。 それは菊花賞である。 3歳の秋としては、きつい距離の3000mで、 なかなか調子の良さだけでは勝てないレースだからだ。 そん中で、常に重んじてきた事、それは血統である。 「菊花賞馬は菊花賞馬から。」と言い続けてきた。 しかし、実際はそんなに多くは居ない。 これまで70回の歴史で、4組9頭しかいない。 やはり、父内国産馬より外国の新種牡馬の仔の方が走るのは当たり前だからである。 従って、4組でも多いんだと思う事にしている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2010/10/24 08:17
本当にフャルブラブの年なの・・・秋華賞(G1)
「夏を過ぎ、秋になると、急に成長する馬がいる。  3歳春までは、ただの馬。  しかし秋になるとまるで別の馬かと見間違える程成長する。  大器晩成という言葉どおりの・・・・・・・。」 以前、夢中になってやった競馬シュミレーションゲームの始まりである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 4

2010/10/15 03:57
エイシンアポロン復活・・・毎日王冠(G2)
「夏を過ぎ、秋になると、急に成長する馬がいる。  3歳春までは、ただの馬。  しかし秋になるとまるで別の馬かと見間違える程成長する。  大器晩成という言葉どおりの・・・・・・・。」 以前、夢中になってやった競馬シュミレーションゲームの始まりである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/12 23:04
ステゴ三兄弟・・・オールカマー・凱旋門賞
古馬陣を引っ張っているステイゴールドの仔の三兄弟。 長兄は、ドリームジャーニー。 国内ではG1が獲れなかった父だが、彼は2歳にしてG1朝日杯をゲット。 始めてG1馬の仔となった。 その後やや低調だったが、昨年は弾けて、グランプリを連覇し 古馬陣のトップに立った。 臨んだ今年は、脚を痛めて調子が出ていないが、 秋に向けてオールカマーから始動する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2010/09/23 07:53
サマージョッキーS・・・藤岡佑介
JRAが毎年夏に主催しているサマーシリーズ。 今年のシリーズ2010のうち、サマー2000シリーズのチャンピオンは、 ナリタクリスタルが新潟記念で逆転勝利した。 残るは、二つ。サマースプリントシリーズと、サマージョッキーシリーズだ。 現在、そのいずれもトップを占めているのは、 ワンカラットとその主戦騎手の藤岡佑介である。 いよいよ最後の一週を迎える。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/09/08 03:52
救世主二頭・・・キーンランドC
4コーナー先頭からワンカラットが内で粘るジェイケイセラヴィをぐいっと突き放した時、 私は久々の当たり馬券をゲットした。 前走の函館スプリントとともに、北の短距離路線を連覇した。 彼女は、私がJRAのマイサマーホースに指名した馬だ。 (2010/07/02 マイサマーホース・・・函館スプリングステークス参照) 前走のレコード勝ちがフロックでなかった事を示した。 大きな原石がだんだんその輝きを増してきているようだ。 これで、サマースプリントシリーズのトップにたった。 昨年、一昨年と私... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/08/31 02:27
兄に続け!夢のスタート・・・オルフェーブル
夏の新潟で一頭の2歳馬がデビューした。 長い直線を真ん中から、堂々と抜け出して、見事走りきって 新馬戦を勝ち取った、「オルフェーブル」。 昨年、グランプリを連覇した、ドリームジャーニーの弟だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/15 04:43
カノヤザクラ散る・・・アイビスサマーダッシュ
二年連続でアイビスサマーダッシュを勝った彼女が、 背負わされた酷量の57kg。 調子落ちしている体を夏に向けて、たたき上げて望んだレース。 大型馬だけに、スピードに乗るのが遅い彼女が、 直線残り150mから、猛然と追い上げた。 しかし、悲劇はそこで起きた。 左脚に異変が、ずるずると下がり10着。 そして・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/07/19 09:05
はるばる来たぜ函館・・・函館競馬場新装オープン
梅雨が無いのが、北海道。って、 じめじめした内地を抜け出し、セントレアから一っ飛び。 やって来ました、北海道。 うーーん、函館。湿度も低い。爽快、爽快。って、 憧れのギリシャ正教の教会に行き、 あの有名な石畳みの坂を見下ろして、来たよ。これぞ函館って、 ご満悦です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/07/15 02:33
マイサマーホース・・・函館スプリントステークス
CLUB KEIBAが夏になると募集する「マイサマーホース」。 昨年、私は「カノヤザクラ」を指名して、 見事彼女は、サマースプリントシリーズに優勝した。 今年も、彼女を登録する人が一番多いが、ちょっと、勢いに陰りが出始めているので、 今年は、思い切って、「ワンカラット」を指名した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2010/07/02 08:28
気まぐれポーラのご機嫌いかが・・・マーメイドS
この時期のG3レースにしては、結構メンバーが揃うマーメイドS。 棚落ちしそうな熟女達が食い扶持を見つけるレースなのだ。 従って、3歳で勝ったのは、一頭だけだ。 しかし、ハンデ戦であるため、一番人気馬は飛ぶというやっかいなレースである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2010/06/20 00:26
どれにしようかな・・・CBC賞
春のG1シリーズは、皐月賞の一勝のみの悲しい戦歴。 宝塚まで休養と言っていたのに、今日のスポニチを見て、 そうは行かないようになってきた。 我が応援馬三頭が出走しそうだからだ。 まず、カノヤザクラ。 サマースプリントシリーズ二連覇のこの馬は、一昨年。 春G1絶不調だった私に、新潟の直線1000mのレースで、 高配当をプレゼントし、それをきっかけに一気に浮上させてくれた馬である。 当然昨年のレースも当てている。 普通CBC賞は、夏に向けてのたたき台であったが、 今年はちょっと趣... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/06/10 04:37
母と同じ道・・・トライアンフマーチ
安田記念を目指すトライアンフマーチの母は、キョウエイマーチ。 2歳女王のメジロドーベルに4馬身差をつけて「桜花賞」を勝った馬だ。 その後、オークスを惨敗、秋華賞でもメジロドーベルの2着と破れ、 それ以降は、短距離路線に切り替えて、 マイルチャンピオンシップでは、前半超ハイペースで逃げて、 それでもタイキシャトルの2着となっている。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 2

2010/06/04 04:59
なめたら(ラムタラ)あかんぜおん・・・ヒルノダムール
大種牡馬ノーザンダンサーの仔で、英三冠馬ニジンスキーを父に、 母にオークス馬スノーブライドを持つ超良血馬で、 レコードで英ダービーを制し、その年に凱旋門賞も穫り、 4戦全勝で引退した、「ラムタラ」。 その競争成績から、「奇跡の馬」と呼ばれていた。 そこそこしか走っていないノーザンダンサーの仔の「ノーザンテースト」で、 大成功を納めていた日本の種牡馬界は、 これなら世界を制する馬を量産できると目論んで、 当時としては、破格の32億円で日高の生産者グループが輸入した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 4

2010/05/27 02:05
応援馬二頭・・・ヴィクトリアマイル
今週のヴィクトリアマイルは、ドバイ組二頭が圧倒的な人気となるだろう。 そんな中で、我が応援馬二頭は、何とか出走出来そうだ。 その一頭は、ワンカラット。 ブエナビスタと一緒に桜花賞を走った馬だ。 その事は、私のブログ(同期の桜・・・ワンカラット2009/12/17)に書いた。 桜花賞では、ブエナから僅か0.4秒差だったが、 今は大きく水を空けられている。 私は、CLUBKEIBAのマイスターホースにして、ずうっと応援していたが、 あの桜花賞トライアル以来、勝っていない。 でも、忘... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/05/12 06:27
本当のラストチャンス・・・エアシェイディ
年だから昨年で引退だろうと、年末の有馬記念の時に、 「ラストチャンス・・・エアシェイディ」というブログを書いた。(2009/12/23) そこでも、彼は健闘し、何とか3着となった。 残念ながらG1ゲットならずで、引退かとおもっていたら、まだ走る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 6

2010/05/02 03:56
新たな夢の始まり・・・天皇賞・春ジャミール
今年の春・天は、二頭のディクタスのひ孫と決めていた。 マイネルキッツとドリームジャーニーだ。 そしたら、ドリジャニを襲った突然の悲劇。 右前脚の腫れで回避することになった。 前走、大阪杯で59kgをしょって、走った勢だ。 (昨年ディープスカイに勝った時は、57kgだった。) 直線案外な伸び脚だったのは、そのせいかも知れない。 やはり、小さな馬に59kgは酷だったか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 5

2010/04/29 00:17
最後の娘・・・ベストロケーション
私が、初めて最強馬だと思った馬、ダイナアクトレス。 今は、繁殖牝馬を引退し、社台ファームのスタッフの家でゆうゆう暮らしている。 (2010.01.28「子と孫と・・・ダイナアクトレス」参照) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 8

2010/04/10 07:58
夢の続きの続編の続編・・・ディクタス
社台グループが輸入した種牡馬で、 僅かしか良い仔を出さなかった「ディクタス」のひ孫が今頑張っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/04/04 09:21
優等生と落第生・・・平野優騎手
今週、東西合わせて、6人の新人騎手がデビューした。 その中に、一人古株がいる。 普通、競馬学校騎手課程は、3年間のコースである。 1、2年は競馬学校で学び、 三年目は、厩舎に入って、実際の馬に触れる課程がある。 そのいわゆる実習を経て、最後の試験となる。 その実習で、調教師の先生から、駄目だしをされて「落第」。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 11

2010/03/07 17:40
お待たせしました・・・マゼラン再登場
木曜日のスポニチで、ほんと久しぶりに君を見た。 阪急杯を勝って高松宮記念へ勢いを付けたい「トライアンフマーチ」の 調教パートナーを努めていた。 3頭合わせの一番外で、その主役に頭差先着してみせた。 その写真には、500kgを遙かに超える君の堂々とした姿がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/02/28 02:20
康太にやられた・・・小倉大賞典
中京、初見参なり。 本来なら小倉開催なのだが、中京競馬場は今年から改修するためのサービス開催だ。 今日のメインは、「小倉大賞典」。 昨年馬券で泣かされた、「リトルアマポーラ」も出るので、勇んで出かけた。 しかし、寒い。 朝は雪が降っていたし、まさに「中京冬の陣」だ。 そのメイン、私の本命は、「ドリームサンデー」。 前走同じ中京で、逃げて2着の好レースで、調教も抜群だった。 しこたま馬券を買い込んで、レース観戦と相成った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2010/02/07 05:37
子と孫と・・・ダイナアクトレス
私の「ダイナアクトレス」への想いは、 2008/11/30のブログ「祖母ちゃんの夢叶う・・・スクリーンヒーロー」に書いた。 それは、G1に縁の無かった彼女の孫が、初めて念願のG1をゲットした日の事だった。 彼女の名前の、「アクトレス」は、当時共同馬主の一人であった、 「南田洋子」氏から連想である。 女優「アクトレス」の仔、「ランニングヒロイン」から素晴らしい「ヒーロー」が生まれた訳だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/01/28 02:50
夢の続きの続編・・・ディクタス
だいぶんと前の話になりますが、 まだ駆け出しの頃の「社台グループ」が輸入した二頭の種牡馬。 ノーザンテーストとディクタス。 実績では、断然ディクタスだったが、 種牡馬としての結果は、反対で、ノーザンテーストは大爆発で、 日本競馬が世界に羽ばたくきっかけをつくったのに対し、 ディクタスはかすった程度だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

2010/01/19 21:36
初日の出が見えません・・・雪の元旦
ブログを立ち上げて4年目の正月です。 毎年、ここで初日の出を見ながら年頭の挨拶をうつのですが、 「初日の出が見えません。」 白いものが舞っています。 木立に積もる雪が、窓からの景色を支配しています。 どこかの北国の見上げ物屋さんにある「絵はがき」のようです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 16

2010/01/01 11:13
父を越えた日・・・ドリームジャーニー
ブエナビスタを交わして、漫然と先頭に立った君は、 栄えあるグランプリの王冠を手にした。 思えば、2歳の時に勢いで、初の国内G1をゲットしてから、 ずいぶんと時間がかかり、念願の初G1、「宝塚記念」をゲットした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 10

2009/12/29 13:46
ラストチャンス・・・エアシェイディ
今年最後のG1レース。 グランプリ有馬記念。 ウオッカ、カンパニーという古馬G1馬がでないのは、少し寂しいが、 今年のG1レースを賑わした馬が勢揃いの面白いレースとなった。 ブエナの復活か、 ドリームのドリームレース連覇か、 マツリダの二度目の戴冠かの陰に隠れて、 ひっそりと狙っているのが、8歳馬の「エアシェイディ」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 6

2009/12/23 05:30
同期の桜・・・ワンカラット
有馬記念の一週前追いで、 競馬新聞の紙面を飾っている、「ブエナビスタ」とは裏腹に、 同期の彼女は、今週、ひっそりと「阪神カップ」に出走する。 期待された秋のクラシック路線を、ことごとく凡走した結果だ。 距離は保つって、言い続けた私は、当然連敗を記した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 4

2009/12/17 22:36
砕け散った野望・・・スクリーンヒーロー
史上初のJC連覇に挑戦した君は、 4角まで昨年と同じに見えたが、 直線伸びなく玉砕した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2009/12/07 21:45
史上初の連覇なるか・・・スクリーンヒーロー
昨年のJC。 スクリーンヒーローを狙った私は、久しぶりに大金(それ程ではない。)をゲットした。 その前走のレースから見抜いたんではあるが、 密かに期待した祖母ちゃん(ダイナアクトレス)の底力については、 2008.11.30の私のブログ(祖母ちゃんの夢叶う)を見て欲しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 8

2009/11/28 00:22
二回目の挑戦・・・アブソリュート
ここまでは、長い道程だった。 三歳春は新馬から連勝して、エリート路線に乗るところで、 クラシックを断念。 休養を挟み挟み進んで来た。 そして、やっと5歳の春に重賞をゲット。 (2009.02.04のブログ「孝行孫パート2」参照) 臨んだ初のG1、「安田記念」でまた打ちのめされた。 そして、また休養。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 6

2009/11/20 05:19
応援馬3頭・・・天皇賞・秋
ウオッカが断然人気の「天皇賞・秋」。 我が応援馬、三頭が出走する。 ドリームジャーニー、スクリーンヒーローとエアシェイディだ。 その理由は、このブログで度々書いた。 同じように、三頭が揃ったのは、昨年の「有馬記念」だ。 ご存じダスカが勝ったレースだが、その時、 3着から5着を、この三頭が占めた。 馬券は外したが、嬉しかったのを覚えている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 8

2009/11/01 02:17
トラウマは続く・・・富士ステークス
私が初めて一番強い馬だと思った「ダイナアクトレス」の孫で、 初めてG1を勝った「スクリーンヒーロー」の次に重賞の「東京新聞杯」を勝った孫馬。 それが、「アブソリュート」だ。 その事は、2009/02/04の私のブログの 「孝行孫パート2・・・アブソリュート」に書いた。 その後、駒を進め何とか「安田記念」まで辿りついたが、 そこで凡走、まだちょっと力不足だったかも。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 4

2009/10/24 22:52
熟女揃う・・・府中牝馬ステークス
3歳女王の決定戦の裏で、 ひっそりと行われる「府中牝馬ステークス」。 秋華賞のような、華やかさはないが、 並み居る競馬界の熟女達が勢揃いだ。 ちょっと、盛りはすぎているが、精一杯化粧をして・・・。 さながら、ちょっと前の「紅白歌合戦」ってところか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 6

2009/10/16 04:15
まだ暑い・・・スプリンターズS
秋競馬初のG1レース、スプリンターズSだ。 昨年の覇者、スリープレスナイトが引退して、 俄然混戦となった。 短距離のG1馬やそれを賑わしていた馬達もいるが、 調子が今一つという事で、人気は割れ、新興勢力にも指示が集まった。 その中で、僕の本命はカノヤザクラ。 菊の季節に、まだサクラかよって、そう。 例年なら、夏馬はそろそろ疲れが出て・・・。 昨年のこのレースも今一つで、「G1ではちょっとねぇ。」という前評判だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2009/10/05 01:00
CLUB KEIBA・・・マイスターホース
JRAのCMでお馴染みの4人が主催するホームページ「CLUBKEIBA」で、 「マイCLUBKEIBA」に、登録するといろんな楽しみがあるが、 その中の一つに「MY STAR HORSE」というコーナーがある。 自分の好きな馬を登録しておくと、その馬がレースで勝つ度に、 ポイントが貯まって、 そのポイントでいろんな特権がもらえる仕組みである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2009/09/19 12:57
応援馬全滅・・・秋競馬初戦
早いもので、先週から秋競馬がスタートした。 第一週目に、応援馬が揃った。 夏競馬を散々外して、資金は苦しいが応援しないわけには・・・。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/09/14 09:27
ぼくのなつやすみ・・・番外編(京都)
お盆の翌週だから空いていると、毎年この時期にセットする一泊旅行。 昨年は、貴船の川床料理だった。 ずうっと晴天続きだったが、その土曜だけが、台風か何かの影響で、土砂降り。 残念ながら、「川床」は見るだけでお座敷での晩餐と相成った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2009/08/25 00:43
夢の扉・・・チョウサンデイ
予後不良となった、我が応援馬。 毎日王冠を鮮やかに勝った「チョウサン」の代わりと言っては失礼だが、 見つけた「チョウサンデイ」。 年明けに京都で1600万下を卒業し、 いきなりG2「京都記念」でOP馬の実力を知らされた。 その時、閉じた「夢への扉」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 18

2009/08/01 22:50
お待たせしました・・・マゼラン復活
2008年4月 似たような題のブログをupした。 「お待たせしました・・・マゼラン登場」。 2勝目を上げた東京競馬場の2400mのタイムが、2.25.7。 3歳のこの時期にしては、出色のタイムだった。 それ故、ダービー目指して望んだ青葉賞は、武豊騎乗で堂々の一番人気。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 8

2009/07/20 03:09
橙のイメージ・・・愛用品バトン(番外編)
のそさんからご指名をいただきました橙色バトン・・・じゃなくて、「愛用品バトン」です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2009/07/16 03:54
凱旋門賞への道・・・宝塚記念
春のクラクックの締めを飾る「宝塚記念」。 ウオッカが不出走で少し残念だが、面白いレースとなった。 ウオッカが居なければ、この馬とばかりに、ダントツの一番人気であるディープスカイは、 叩き三走目で、めいちに仕上げて勝利を目指す。 また、父タキオンの死を受け、弔い合戦となった、彼は、 どうしてもここを勝って、堂々と「日本代表」として凱旋門賞へ行きたいところだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 12

2009/06/27 18:31
最強の弟に弟弟が対決・・・日本ダービー
明日は、日本ダービー。 この年生まれた、約8000頭のトップを決めるレースがやってきた。 競馬関係者の皆が望むこの「称号」。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 10

2009/05/31 00:35
兄弟対決・・・NHKマイルC
今年、デビュー3年目を迎えた騎手、藤岡康太。 ご存じ藤岡健調教師の息子である。 デビュー週の第1Rで、いきなり、 親父が用意した馬「ヤマニンプロローグ」で初勝利を飾っている。 (2007年3月のブログ「お兄さん、見てくれましたか(第3弾)」を参照されたし。) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2009/05/10 07:37
夢の続き・・・ディクタス
いよいよ今日は、天皇賞(春)。 天皇賞と言えば、思い出す我が応援馬。 「小さいけれど、根性は日本一。」だったステイゴールド。 彼は、春秋通算で、7回という天皇賞の最多出場馬だ。 しかし、2着は3回もあるものの、惜しくも栄冠は勝ち取れず引退した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 9

2009/05/03 08:14
ヒーローへの道・・・阪神大賞典
春を呼ぶ名物レース「阪神大賞典」。 昨年のJC馬が始動する。 ダイナアクトレスの孝行孫第一号のスクリーンヒーローだ。 (20.11.30のブログ「祖母ちゃんの夢叶う」参照) 長い距離では、好成績を残しており、 3000mもまず問題なかろう。 無事、始動して、春の目標レース、「天皇賞」へ進んでほしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

2009/03/20 09:00
電話投票・・・中山牝馬S
G3にしては、メンバーが揃った中山牝馬S。 昨年暮れの有馬記念を「ダスカ一頭軸の相手9頭BOX買い」で、 外してから、まったくの絶不調に陥った馬券師は、 今日はテレビ観戦だけと決めていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/03/16 04:21
メリーナイス・・・ベリーナイス
今朝の新聞に、「メリーナイス死亡」とあった。 なつかしい馬の名だ。 「25歳、映画「優駿」のモデル」とある。 そう言えば、そんな映画もあった。彼がモデルだった。 私がまだ毎週自分で撮ったレースのビデオを引っ張り出して、 参考レースを必ず見ている時分の事だった。 「次走のヒントが必ず存在する。」と思いこんでいたからだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 14

2009/03/05 02:48
明と暗・・・ライバル二頭
いつも買う競馬専門誌の片隅に、 「ニュースファイル」からとして、こんな記事が載っていた。 「ダイワスカーレット引退、繁殖へ」と 「ウオッカ、ドバイへ出発」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 6

2009/02/21 04:34
さあ夢への一歩・・・チョウサンデイ
年明けに、1600万下を勝って、 三連勝でようやくオープン入り。 「遅れてきた青年」となった、チョウサンデイ。 その彼が、いきなりG2の「京都記念」に挑戦する。 彼の父の事は、3つ前の私のブログ(応援馬みーつけた。)に書いた。 線は細いが、一応サンデー一族だ。 晩成の血が目覚めたか、やっとここに辿り着いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2009/02/18 21:25
孝行孫パート2・・・アブソリュート
東京競馬開幕週の名物レース。 「東京新聞杯」。 5番人気のアブソリュートが、豪快に差しきりを決め、 鞍上、田中勝春は1年5か月振りに重賞をゲットした。 このアブソリュートの母は、プライムステージだ。 新馬からフェアリーS(G3)まで3連勝で一躍脚光を浴びた馬。 しかし、G1桜花賞は3着、オークスは5着と、 その母、ダイナアクトレスと似たような道を辿り、 その後ぱっとせず引退となった。 繁殖にあがってもぱっとしなかったたが、 とうとう重賞を勝つ馬が出来た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/02/04 00:12
勝つのはどっちだ・・・AJC杯
年末の有馬記念の応援馬は、3頭だった。 そのうちの一頭、ダスカの快勝劇の陰に隠れたあと二頭。 3着のエアシェイディと4着のドリームジャーニー。 その二頭が再び激突する「AJC杯」。 然るにエアシェイディは、昨年のこのレースの覇者だ。 連覇を狙う身である。 それを阻む一番手が、ドリームジャーニーか。 中山得意のこの二頭が、 有馬記念の余勢をかって、さあ勝負。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 10

2009/01/24 05:43
応援馬みーつけた・・・チョウサンデイ
1回京都第3日10日のメインレース、寿ステークス。 4歳上1600万下のレースを勝った、「チョウサンデイ」。 福島の10ハロン(500万下)を積極策で快勝した後、 中京の1000万下を大外から一気に指しきった馬だ。 準オープンのこのレースは、流石にペースが違って戸惑うかと思ったが、 直線、鞍上の指示に従い、僅かの隙間をこじ開けて突き抜け、 一気の三連勝でオープン馬となった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/12 09:32
謹賀新年・・・年頭挨拶・フセイン八木
新年明けましておめでとうございます。 部屋の窓から、赤々と初日が見えています。 ブログを立ち上げてから、3回目のお正月です。 お陰様で、今回で107編目ともなりました。 皆様から、いろいろとコメントを頂くのを楽しみに書きなぐってきました。 これからもどんどんご意見をお寄せ下さいませ。 今年もよろしくです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 18

2009/01/01 08:13
それぞれの夢・・・有馬記念
今年もとうとうやってきた「有馬記念」。 近二世代ダービー馬が出ず、ちょっと寂しいレースとなった。 でも、ラストランを迎えるダービー馬もいれば、往年の牝馬の王者もいる。 今年の春のドリームレースやJCの覇者もいれば、 はたまた有馬連覇を狙う馬もいる。 そんな中でかねてからの私の応援馬3頭。 まずは、ダイワスカーレット。 初めて目の前で見た時(唯一中京で走ってくれた)から、 ただ者でないとずっと追い続けた。 当たらない馬券師の唯一の保険馬だった。 ウオッカに負けた悔しさを、彼女は... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 24

2008/12/24 01:05
ステイゴールドに続け・・・国際競争元年(15)
国際競争元年と銘打って、始めたこのブログの企画。 今回がもう15回となる。 国際レース参戦を打ち上げる馬は、今年が確かに一番多い年だった。 でも、言うだけで行かない馬が大半で、 実際参戦した馬も、成績は泣かず飛ばずだった。 暮れも押し詰まって来た、明日。 「香港国際競争」に挑戦する馬が4頭。 どれも、パッとはしていない。 でも、香港はこれまで日本馬が活躍してきた場所である。 これまでも、エイシンプレストンやアグネスデジタルなどがG1をゲットしている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 8

2008/12/13 21:00
それぞれの夢・・・JCD
ジャパンカップダートは初めての阪神開催。 距離短縮とあって、スピード競馬が楽しみだ。 その中で注目すべき、3歳馬、3頭。 日、米およびその中間と、歩んだ道は違っているこの3頭。 日本代表、サクセスブロッケン。 米国代表、ティンカップチャリス。 その中間の、カジノドライブ。 カジノドライブは、昨年までだと出られなかったが、 今年からのレーティング採用により、何とか出走に漕ぎ着けた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 8

2008/12/07 09:29
祖母ちゃんの夢叶う・・・スクリーンヒーロー
必死に追うディープスカイを振り切って、ゴールしたJC。 名騎手、デムーロのエスコートで、 してやったり、G1馬達。 G1初挑戦で、見事大輪を射止めた、 スクリーンヒーロー。 なんと、日本馬の頂点に登り詰めた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 10

2008/11/30 20:43
予後不良・・・チョウサン
「予後不良」。 競馬関係者が一番恐れている、そして一番聞きたくない言葉だ。 昨日の朝のスポニチで、私は、これを眼にした。 それも、事も有ろうに、我が応援馬の「チョウサン」だ。 調教中に、右前脚を骨折したそうな。 チョウサンと言えば、昨年の毎日王冠で、あのダイワメジャーを負かしてみせた馬だ。 それも、「レコードタイム」のおまけ付きでだ。 けれどその後は泣かず飛ばすで、結局そのレースが一世一代の見せ場となってしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/11/22 12:50
願い叶わず・・・ドリームパスポート
アルゼンチン共和国杯の出走に向け調教していたドリームパスポート。 10月31日に、屈腱炎を発症し、全治1年以上との診断。 復帰を断念した。 近日中に登録を抹消する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 13

2008/11/11 03:47
父の無念を今こそ晴らす・・・ドリームジャーニー
天皇賞・秋のレースレコードを持っているのは、スペシャルウイーク。 1999年の第120回大会だ。 タイムは、1.58.0。 レースをタイムだけで評価してはいけないけれど、 この時が最高のレースだったと私は思っている。 5着までが僅か1馬身半の中に入る激戦だった。 勝ったスペシャルウイークを始めエアジハード、スティンガー、セイウンスカイ という並み居るG1馬の中に入って2着になったのは、ステイゴールド。 それも僅か首差で涙を呑んだ。 彼は、同じ父を持つその大きな馬にどうしても勝て... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 10

2008/10/31 20:58
さあ、登場だ。夢舞台、カジノドライブ・・・国際競争元年(14)
香港遠征を目指していたスリープレスナイトが、 外傷のため遠征を断念した。 今年は、こういう馬が沢山いて、本当に残念だ。 その仲で、一度はベルモントSを断念して、帰日したカジノドライブが、 今度は、目標を切り替え、「BCクラシック(米G1)」に挑戦する。 これまで、何度となく海外遠征を経験している、藤沢師グループによるものだ。 帰日してからの馬の体調がどうかという状況の中、 何とか仕上げてこの晴れ舞台に立った。 舞台である「サンタアニタ競馬場」で先週、 調教代わりにアローワンスに... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2008/10/25 02:25
前門の虎後門の狼・・・・天皇賞・秋
ディープスカイに続いてダイワスカーレットが秋の盾参戦を表明。 メイショウサムソンもまだ決定ではないが、その気あり。 鉄板に見えた「ウオッカ」に強敵出現と相成った。 同世代の最強牝馬の決着は如何に。 世代を超えたダービー馬たちの世代間争いや如何に。 ウオッカにとっては、まさに「前門の虎後門の狼」状態だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 11

2008/10/16 02:20
サムソン、お疲れ様・・・国際競争元年(13)
サムソン、お疲れ様。 欧州の血を引く君は、フランスで生き生き過ごし、 体調も頗る良かったようでした。 その「凱旋門賞」。 ロンシャンの芝も無難にこなしていたと武さんは言う。 それなのに、二度に渡る大きな不利。 これが、アウェイの厳しさか。 日本馬なんか、何しに来たのか、って感じ。 皆で寄ってたかって、着外にされた。って思うの私だけでしょうか。 そんな中、懸命に走り抜いた、サムソン。 脚をちょっとくじいたそうだが、まずは無事完走できて良かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 13

2008/10/11 08:50
二度ある事は・・・・カノヤザクラ
この夏一番の成長株。 夏に強い牝馬の代表。 重賞を連覇したカノヤザクラが、辿り着いた「目標地点」。 それがG1、スプリンターズSだ。 渋太く相手をねじ伏せた前二走。 しかし、今度は相手も本気だ。手強いぞ。 それが、皆が目指すレースだ。G1だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

2008/09/29 21:51
夏の終わり・・・カノヤザクラ
ようやく朝晩が涼しくなり、もう夏も終わりです。 昨日、セントウルSで見事にカノヤザクラが勝ちました。 この夏女の力を見せました。 アイビスSDでお世話になった私めは、 お礼にとまたしても、一頭軸で勝負しました。 相手は、8頭。 思い通りに、彼女は力を見せましたが、 なんと2着は、アイビスの時と同じ、シンボリグランではありませんか。 アイビスの時は、山田まさとさんに言われて、9頭目に入れましたが、 今回は・・・。 無念。 お礼をするなら、2頭セットでという事でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/09/15 08:47
母の父 サンデーサイレンス
17日のクイーンステークス(G3)の勝ち馬ヤマニンメルベイユと 2着馬レジネッタは、いずれも母の父がサンデーサイレンスです。 ご存じ大種牡馬のサンデーサイレンスは、どの血統の肌馬につけても、 アウトブリードのお陰もあってか、優良馬を出しました。 後継の種牡馬も、盛りだくさんで、さらに次の世代にまでG1馬を 出しています。 繁殖入りした牝馬も数知れずで、 その牝馬達も、種牡馬を選ばず、良馬を出してきています。 先週の勝ち馬の種牡馬を見ても、 クロフネ、タニノギムレット、エンドスイ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

2008/08/23 09:32
ツヨシしっかりしなさい・・・関屋記念
関屋記念に出走する「トップオブツヨシ」。 長い下隅の後、やっと1600万下に勝利。 なんとか、出走に漕ぎつけた。 父は、ご存じ「タヤスツヨシ」。 サンデーサイレンスの初年度産駒で、初めてのダービー馬だ。 皐月賞馬の「ジェニュイン」とともに、 その後のサンデーサイレンス時代の到来を強く印象づけた馬だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2008/08/06 02:42
山田さん、ありがとう・・・アイビスSD
テレビの競馬中継見てて、良いこともあるんですね。 昨日のアイビスSD。 難しいレースでした。 軸は牝馬のカノヤザクラに決めていましたが、相手がさっぱり見当付かず。 テレビ観戦することに決めていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/07/21 08:28
さあ、夢舞台だ。サムソン!・・・国際競争元年(12)
いろんな馬が、海外を目指して、挙げたアドバルーン。 それでも、何故か実現しない今年。 そういう巡り合わせの年なのか。 そんな中で、やっと腰を上げたサムソン。 凱旋門賞に挑戦する事が決定した。 本当は、もうちょっと遅い気がするが、もう言うまい。 これまで、迷っていた陣営の気持ちは何だったのか・・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/07/14 01:20
メイク デビュー・・・さあ、夏競馬
G1も後、宝塚記念だけとなり、 いよいよ夏競馬、本番。 今週から、新馬戦が始まります。 その、新馬戦に、「メイク デビュー」という愛称をつけたJRA。 それは、「They make their debut in 競馬場名。」 からとったものだと説明がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 7

2008/06/21 12:27
残念、無念、三連発・・・国際競争元年(11)
トールポピーの体調不十分による、海外遠征中止を受けてか、 エイジアンウインズも遠征を自重した。 彼女の渋太い脚ならと期待していたが・・・。 そんな中で、極めつけが、 カジノドライブ出走取消のニュース。 前走を快勝して、俄然現実味を帯びた挑戦だっただけに、 誠に、残念。 左脚を痛そうに上げている写真を見ると、致し方ないか。 アウェーの難しさをしみじみと味わった。 あの、ベテラン藤沢和師にしてもなので・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/06/09 02:27
シーザリオに続け・・・国際競争元年(10)
ヴィクトリアマイル(Jpn1)を制覇したエイジアンウインズの 米G2キャッシュコールマイル参戦が正式に決定。 栗東トレセンの輸出検疫厩舎に入った。 是非とも、ダンムーに続いてほしいところだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/06/02 01:19
旅立ちの時・・・エイジアンウインズ
ウオッカの差し脚を制して、 ヴィクトリアマイルで見事勝利、 それも、初G1をゲットした「エイジアンウインズ」。 先行をしないで、押さえる競馬をさせた藤田騎手の手綱裁きも光り、 成長を待って、気長に育てた藤原調教師にも、初G1をプレゼントした。 関係者の方々に、まずもってお祝いを言おう。 「おめでとうございます。」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

2008/05/25 08:39
いざ、本番へ。見えてきた米G1・・・国際競争元年(9)
本番と同じ、ベルモントパーク競馬場で行われた 米G2のピーターパンSに出走した日本馬のカジノドライブ。 5馬身差の圧勝で、騎手のケント・デザーモを驚かした。 渡米して初のレース、それも2月の新馬戦から3か月振りと 不利な条件の中での圧勝は、恐れ入る。 ベルモント入りしてから、カイバをしっかり食べるようになったとの事、 異国の生活を難なくクリアーした馬の気性もたいした物だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 8

2008/05/12 04:59
お待たせしました・・・マゼラン登場
先週は、クロフネ産駒のユキチャンが残念な結果に終わったけれど、 今週のクロユネ産駒は、果たしてどうか。 青葉賞(GU)に登場する、マゼラン。 東京の500万下を勝ってから、休養して、 このレースから始動する。 東京のレースは、ダービーと同じ距離を、2分25秒7で走ってみせた。 この時期の3歳馬にしては、破格のタイムだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2008/04/30 01:17
遅れてきたウーマン・・・エイジアンウインズ
先週の土曜日、阪神のメイン。 名物レースの阪神牝馬S(G2)。 歴戦の牝馬達が、最近増えてきた皺を隠すための、 厚化粧代を稼ぐレースだ。 そのレースを、見事逃げ粘った馬がいる。 エイジアンウインズ。 父は、宮杯ワンツーで、一躍脚光を浴びた、フジキセキだ。 年明けから、ここを狙って彼女を仕上げてきた藤原英師の笑い声が聞こえる。 彼女のデビューはダート、その後もダート路線を進み、桜花賞への道は諦めた。 体調の充実を待って、芝路線へ。 そしてやっと、前走でオープン入りして望んだレー... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 4

2008/04/16 04:00
祭りだ、マツリダ・・・・国際競争元年(8)
馬インフルによる出国条件により、 一度は諦めかけた「香港遠征」が実現する。 日経賞を圧勝したマツリダゴッホ。 有馬記念の激走は、フロックで無い事を証明してみせた。 有馬は重だから、勝てたんではないと・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

2008/04/06 01:16
ウオッカ健闘・・・国際競争元年(7)
直線、外のウオッカにエンジンが掛かった時、 一瞬、夢を見ました。 けれど、そこからまだ渋太く伸びる馬が他に居ました。 それが、世界の壁なのか。 でも、ウオッカは健闘しました。 ドバイの芝には、適応できる事が解りました。 京都での、ケンシンとのあのダート調教のお陰ですね。 やはり、日本の芝とは違うんです。 今日のレースが、もし、 東京競馬場で行われていたら、多分、もっと良い結果だったと思います。 芝は世界中、同じじゃないんです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 10

2008/03/30 02:30
ウオッカ準備万端・・・国際競争元年(6)
ドバイワールドCデーに参加する日本馬達。 栗東での調教にこだわっていたヴァーミリアンも、 5日のCWコース調教後に京都競馬場に移動。 栗東での馬インフル発生(まだ発生してはいないが)による遠征中止の悲劇はなくなり、 ほっとしている。 一方ウオッカの鞍上は、武さんに決まり、5日には彼が京都での調教に跨った。 3歳のこれもドバイ組のイイデケンシンを15馬身先行させて、 追いかけさせる凄い調教。 最後クビ差先着と流石の武さんもびっくり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 9

2008/03/12 23:36
ディア・デアともに故郷へ
2頭の牝馬がこの春、繁殖入りする。 ディアデラノビアとデアリングハートだ。 2頭は実に似た境遇だった。  ・同じ年産まれ  ・社台系の牧場の生産  ・輸入牝馬にサンデーサイレンスの配合  ・マイルが得意  ・牝馬特有の時として切れる差し脚  ・重賞勝ちはあるが、G1では勝てず ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2008/03/05 05:49
胸を張れ!ヴァーミリアン・・・国際競争元年(5)
取り消し明けの、フェブラリーS(G1)。 それも、太め残りの+7kgと不安視される中、 なんのなんのの、大楽勝。 ヴィクトリーの造った暴走ペースにも、楽々付いて行き、直線余裕の抜けだしでした。 「あーーん、と口空けて見てしまった。」 これで、国内では的無しを証明。 堂々とドバイへ行ってください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/02/27 02:13
ダスカお前もか・・・国際競争元年(4)
サムソンに続いて、ダイワスカーレットもドバイ遠征を断念。 うーーん、残念。 フレグモーネでの発熱も、無事クリヤーして、 フェブラリーSに向けて、順調に調教を続けていた矢先だったが、 その調教で右目を負傷しての事。 これで、フェブラリーSは、回避する事となり、 ステップレースが使えない状態でのドバイ遠征は無理との判断は、 致し方ないか。 私としては、ドバイでの活躍を一番期待していただけに、誠に残念。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 10

2008/02/21 01:34
国際競争元年(3)・・・・サムソン断念
ナドアルシバ競馬場で行われるドバイ・シーマ・クラシック(芝2400m)に、 出走を予定して、栗東でもくもくと調教を積んでいた「メイショウサムソン」が、 ドバイ遠征を断念した。 渡航の経路がドバイ直行便でなくなった事と、 検疫が出国前3週間は、馬インフルの発生がない施設に滞在という条件のため、 京都競馬場でその3週間滞在するというで、十分な調教が難しい事 のようである。 目標を春の天皇賞に切り替える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2008/02/17 10:28
弟よ・・・・ディアデラノビア
この春の繁殖を控え、 後2走(多分)となった、ディアデラノビアがラス前に選んだのが、 「小倉大賞典(G3)」。 前走の金杯、凡走の理由もはっきりしないまま、このレースと相成った。 懐かしの「ルメール」騎乗で、期待されたが凡走。 ルメールは、「荒れた芝は良くない。」とかばっていたが、 果たしてそうか。 あの往年の切れ脚がにぶったように見えた。 彼女は栄光を掴めないまま、ラストランを迎える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/14 05:37
国際競争元年(2)・・・行け!ケンシン
ドバイUAEダービーに挑戦する一頭の3歳馬。 その名は、イイデケンシン。 昨年の2歳ダート王だ。 彼が、ステップレースに共同通信杯(東京芝1800m)を選んだ。 ダートの頂点を目指す馬が、何故芝を選んだのか。 そのドバイで芝を目指すのに、ステップにダート(フェブラリーS)を選んだ ダイワスカーレットと関係あるのか。 「ドバイと同じ左周りで距離も同じ1800m。ドバイと同じように、 東京は直線が長い。いい経験になる。」 と、テキは言っている。 馬場は違えども、あくまでもドバイの... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/02/07 00:57
国際競争元年・・・ドバイへ
3月29日に、ドバイのUAEナドアルシバ競馬場で行われる 「ドバイ国際競争」の選出馬が、1月31日にJRAから発表された。 芝・ダートの4レースに、牡牝とも並み居る日本のG1馬が選出された。 昨年、本土でG1をゲットした馬達ばかりだ。 思い起こせば、昨年。 サムソンの凱旋門賞挑戦から端を発した海外ブーム。 ウオッカとともに、遠征する夢は、馬インフルのお陰で消えていった。 しかし、今年は違う。 古馬有力馬の眼は、ほとんどすべてと言っていいぐらいに、海外に向いている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/02/03 02:36
遅れてきた青年・・・AJCC
今週の中山、日曜のメイン、アメリカJCC。 そのレースに登録している5歳馬は2頭のみだ。 アドマイヤメインとドリームパスポート。 3歳時は、華々しく活躍していたが、 二冠馬メイショウサムソンの陰に隠れ、その後はパットしていない。 思い起こせば、そのサムソンが目指した3冠目の菊花賞。 サムソンは、ハイペースに巻き込まれ、3冠を逃した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 7

2008/01/22 01:17
初詣パート2・・・成田山
先週に続き、今週は初詣の第2弾。 これも毎年恒例の犬山の成田山参り。 車と一緒に、交通安全のお願いをしてきました。 そう言えば、昨年の愛知県の交通事故による死亡者数は、 全国ワースト・ワンという不名誉な事でしたが、 死亡者数は300人をきって、これがなんと54年振りの事とか。 中日ドラゴンズの53年振りの日本一より1年多いという事でした。 やはり昨年は、ウオッカのダービー制覇を始め、 〇〇年振りというのが多かった年でしたね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/01/14 02:12
初詣+パークウインズ
6日の日曜日に、初詣に行って来ました。 場所は、ご当地では有名な「熱田さんこと熱田神宮」です。 午前11時前に着きましたが、意外に空いていました。 本殿の一番前まで辿り着いて、お賽銭を。 今年の無事をお願いしました。 (競馬が儲かるようになどとは、言っていません。ホント。) 恒例のおみくじをひくと、なんと昨年と同じ番号の5番「小吉」。 こんな事もあるもんですねえ。 「待てば海路の日和あり。」とある。 気長に、好配当を狙えという事か。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 3

2008/01/12 04:49
明けましておめでとう・・・・年頭挨拶
新年明けましておめでとうございます。 部屋の窓から、なんとか初日がみえています。 ブログを立ち上げてから、2回目のお正月です。 お陰様で、アクセスも5000件を越えました。 皆様から、いろいろとコメントを頂きありがとうございました。 とても、楽しみにしていますので、今年もよろしくお願いします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 22

2008/01/01 08:51
泣くな、妹よ・・・・ダイワスカーレット
出し抜けを喰らって、僅かに届かなかった有馬記念。 勝って、一年を締めくくりたかった君は、 さぞかし残念だったろう。 47年振りの偉業も成し遂げれず、悔しい思いで一杯だろう。 でも、泣くな。妹よ。 君は、何回負かしても、まだ貴方より強いと思われてきた、 ライバルを負かした。 最初から、勝つ気で行った、天皇賞馬にもちゃんと勝った。 その上、俺にも勝ったんだ。 昨年有馬で、ディープに詰め寄った馬達をまとめて負かしたんだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 14

2007/12/23 19:10
中京冬の陣・・・・ディアデラ
年に何回も開かれない中央競馬。 毎年、恒例のこの時期は、 ボーナス貰った人の懐を頼りに、 中京冬の陣がある。 改装前のスタンドは、そりぁ寒かった。 今みたいにガラス張りなんか無い。 吹きすさぶ伊吹降ろしをまともに受け、震って馬を見てたっけ。 あん時、喰った肉まんの温かさは忘れない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 8

2007/12/18 23:23
さあ、再スタートだ・・・・ドリームジャーニー
僅かに、差し届かなかった菊花賞。 小柄な君には、ダメージが大きかったか。 短期放牧でも中々疲れが取れず、このまま休養かと思えば、 いきなり、ここへ登場だ。 (本当に、大丈夫なのか。菊出走組の相次ぐ休養を聞くにつれ・・・・。) 鳴尾記念(G3)。 その昔は、宝塚を目指す馬のステップレースで、居並ぶ名馬が参戦した。 ダンパ、エアグルーブなど、君のお父さんも走っている。 12月のこの時期となってからは、一転、歴戦の古馬が生き残りを賭けるレースとなった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2007/12/07 15:14
お兄さん、見てくれましたか(第7弾)・・・トールポピー
うあーっという歓声で、思わず我に帰りました。 鞍上の池添さんが、隣の馬の鞍上と「グウ」でタッチしました。 あの雄叫びは、勝ったんでしょうか。 4コーナーで、視界が開けると、鞍上が必死の形相で私を押っつけだしました。 隣に懐かしいお友達が、猛然と迫って来た時に、 何故か私は、白銀の牧場を思い出していました。 雪の中でも、もくもくと走ってた私達。 あの白い雪と澄んだ青い空。 すがすかしい思い出が頭の中を駆けめぐっていたのでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2007/12/03 18:21
半年遅れの招待状・・・ドリームパスポート
ディープに迫った昨年のJC。 ディープ引退後を支える事が約束された筈だった。 前哨戦を無事終えたが、その夢の途中で骨折によりリタイア。 一人寂しく夏を送った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 260 / コメント 14

2007/11/20 05:11
3頭の刺客・・・・マイルCS
天皇賞組が人気になりそうなマイルCS。 しかし、この2頭はG1馬ではない。 本来なら、G1を4勝しており大本命である筈の昨年の覇者ダメジャーが、 厳しい条件だったとはいえ、秋二戦の意外なふがいなさ故、 混戦ムードを煽っている。 そんな中で密かに一発を狙っている3頭の馬がいる。 まず、「キングストレイル」。 ここ4年連続勝ち馬をだしているサンデーサイレンス。 代表格は、ダメジャーで、副将はG1馬のスズカだが、 もう1頭が、キングストレイルだ。 これも、ダメジャーと同じノーザンテ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

2007/11/16 05:55
3歳馬か古馬か・・・・エリザベス女王杯
楽しみなエリザベス女王杯。 今年のポイントは、世代間争いだ。 牡馬を凌いで、最強世代と言われる3歳馬達。 G1馬3頭に、G1で2着馬が1頭の計4頭。 迎え撃つ古馬は、昨年のエリ女出走馬が6頭に不出走馬が5頭と2グループ。 合わせて、全部で3グループとなる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 16

2007/11/07 03:57
お父さん、見てて下さい・・・・ドリームジャーニー
戦国、菊花賞。 実績馬に不安、新星誕生の予感。 などと言われている今年の「菊花賞」。 その中で、最後の一冠を狙っている馬がいる。 父は、ご存じステイゴールド。 ステイゴールドは、サンデーの仔だが、小さな身体。 同じ世代の大きなサンデーの馬達に、いつも、ちょこっと負けていた。 クラシックも古馬G1も、良いとこ行くけど中々勝てず。 いつぞや名前は、「シルバーコレクター」と相成った。 その仔ドリームが取った初G1。2歳チャンプの誉れなり。 しかし、その後泣かず飛ばずで、 運が良か... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 12

2007/10/20 05:43
さあ、飛翔の時だ・・・アサヒライジング
2強対決と騒がれ、輝かしい3歳の女王を決める秋華賞の影で、 裏番組として、ひっそりと行われる「府中牝馬ステークス」。 この世代は強いと言われて、秋華賞に集う3歳達を、 迎え撃つ古馬牝馬の代表を決めるレースだ。 気性難で、調教を辞めてしまった「大御所」はいるが、 このレースを勝って、その彼女に一歩近づくのは、果たしてどの馬か。 そう、アサヒライジングがいる。 前走、初重賞を勝って、「2着ばかり」を返上してみせた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 11

2007/10/13 08:05
チョウサン ・・・毎日王冠
秋・天を目指す馬が集う、「毎日王冠」。 その中に、親しみ安い名前の馬がいる。 「チョウサン」。 多分これは、馬主である長山尚義さんの愛称ではないかと思われる。 でなければ、野球好きの馬主さんが、永年の名選手長島さんから取ったか。 はたまた、亡くなったドリフターズのいかりや長介からなのか・・・。 この馬名を聞くと、思い出す一頭の馬がいる。 同名ではないがトーンが似ているためか、何故かいつも思い出す。 「ショウサン」。 正式名は、「オウショウサンデー」。 G1をいくつも勝ったその... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/10/06 13:08
ビギナーズラック・・・・ミナガワマンナ
今でも鮮明に覚えている。 淀の直線を一頭だけ猛然と抜け出してきた馬、 追いすがる一番人気馬サンエイソロンに影も踏ませず圧勝した菊花賞。 ブービー人気の君の単勝を勝っていた私は、震えが来たものだ。 4歳(当時はそうだった)のこの時期の若駒には、3000mは厳しい。 ほとんど初めて走る距離だ。 馬の力もいるが、それを走りきるには、素質がいる。 それなら、親のシンザンは5冠馬で、当然菊も勝っている。 その仔が走らぬ訳がない。競馬は血のスポーツなのだ。 ただ、シンザンの仔はそれまで一頭... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 9

2007/09/29 05:23
秋競馬がやってきた・・・・ローズS
馬インフルエンザ騒ぎが一段落。 入厩制限が限定解除され、秋を目指す有力馬が続々と帰厩している。 ダーレー・ジャパン・ファームの所有馬でJRA所属第一号となった「アドマイヤムーン」 も来週中には帰厩する事となった。 新しい彼の競走馬生活のスタートだ。 さて、今週から阪神・中山が始まり、秋競馬の機運が徐々に盛り上がってきた。 そんな中、牝馬三冠目の秋華賞のトライアルレース「ローズS」で、 いきなり有力馬2頭(桜花賞馬、オークス2着馬)が激突する。 各々のG1レースで応援してきた、「ダ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 12

2007/09/08 07:42
牝馬の「勘助」、復活なるか・・・ニシノチャーミー
日曜日の札幌競馬、キーンランドカップに「牝馬の勘助」が登場する。 桜花賞以来のレースだ。 「牝馬の勘助」の事は、このブログで前に書いたので参照されたし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2007/08/25 02:59
ホクトベガに会えたかも ・・・・ 番外編
1年程前から、血圧の薬を飲んでいる。 それ以来、朝晩の血圧測定は日課となった。 その日の朝は、何故かいつもより、上も下も20高い。 仕事に出たが、ちょっと息苦しい。 持病の喘息の調子が悪いのかと思った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 22

2007/08/03 01:47
ドバイの日本侵攻が始まった・・・・JRA馬主登録認可
とうとう、扉が開きました。 長い江戸時代の鎖国と同じようだった、JRAの頑張りもこれまでか。 頑なに、断って来た、外国馬主のJRA馬主登録。 周到なドバイ軍団が、風穴を開けるのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 4

2007/07/26 16:25
武豊記録達成おめでとう
第2回小倉競馬の最終12R有明特別。 ヒシワンスモアに乗って、きっちり差しきった武豊騎手。 とうとう、偉大な岡部さんの持つ、JRA最多勝利記録2943勝の記録を塗り替えました。 おめでとう。 これは、騎乗技術は勿論の事、大きな怪我や病気も無く、 日夜騎乗に励んだ結果であると思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 10

2007/07/22 04:26
ダンムーは強かったんだ ・・・・ハリウッドP
米G2のキャッシュコールマイル、日本馬3頭は残念な結果でした。 ディラデラは、一瞬いい脚で上がっていきましたが、最後ちから尽き、 キッスはじりじりと追い込むも届かずでした。 アウェイという事はあるにせよ、若干力不足を露呈しました。 こいして見ると、このレースを勝った「ダンムー」は、 やっぱ強かったんだ。 彼女は、アメリカンオークス、惜しい2着だったけど、伊達じゃあなかったって事ですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/07/08 08:47
武さんにも運が向いてきた ・・・凱旋門賞
今年の武さん、騎乗停止に始まり、成績不振、騎乗馬乗り替わりと良いことがありません。 何年か続いた、リーディングも赤信号。 それでも、ここのところ、地道な活躍が目立ちました。 そんな中で飛び込んだ、サムソンに騎乗して凱旋門賞へという依頼。 オーナーの決断と石橋騎手の無念さが入り交じり、複雑な心境か。 しかし、サムソンが本気に凱旋門賞を目指すとすれば、正しい選択か。 武さんのこれまでの経験は、大きな味方となり、 調教師もさぞかし、心強い事でしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

2007/07/02 01:26
ウオッカの弱点が見えた ・・・ 宝塚記念
宝塚記念、ウオッカは直線伸びませんでした。 ちょっと、体調が下り坂だったのかも知れませんが、原因は他にあります。 東京の堅くて、スピードの出る馬場と違い、阪神は力がいる馬場です。 その上、重ではなおさらです。 海外で活躍している馬が上位に来たのはそのためです。 アドマイヤムーンは、「切れる馬で今日のような馬場ではどうか」という前評判でしたが、 力の要る馬場では走りました。 これまで、日本ではあまり勝てなかったのは、 堅いスピード馬場だと他の馬が早く走れるからですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 12

2007/06/25 04:38
ウオッカまた出るんですか ・・・宝塚記念
何本か前のブログで同じ事を書きました。 その時(チューリップ賞)はただ、漠然とした不安感みたいなものがあったからでした。 その結果としての桜花賞敗北。 勝ったスカーレットには誠に失礼ですが、 その時のウオッカは、本当に万全だったと言えるのでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 5

2007/06/15 04:35
メジャーの走り ・・・ ダイワメジャー
白い帽子がちょこっと出た所がゴールでした。 計ったようなレースでした。 やや早いペースにも、楽々付いていき、 得意の直線、粘りこみ。 やはり、日本ではレベル違いましたね。 メジャーの走りでした。 熱発で、オークスを走れなかった妹の分まで走って、 兄貴の貫禄を示しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 12

2007/06/04 01:08
お父さん、見てくれましたか・・・ ウオッカ
皐月賞馬が大きく出遅れてこのレースは始まりました。 その馬を、今日は絶対負かそうと思っていた「恐怖の大王」は、 目標を無くして戸惑っていました。 その結果としてのスローペースに、大王は余計に苛立って走っていました。 焦った皐月賞馬がようやく取り付きましたが、 私は内でじっと死んだ振りを決め込みました。 チョコマカして、大きな男達にぶつけられても、かないませんもの。 うまく、先行したもう一人の「王様」が直線悠々抜け出しましたが、 私は、まだじっとしています。 外側で大王と皐月賞馬... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 8

2007/05/28 01:18
お父さん、ごめんなさい・・・・ ベッラレイア
お父さん、ごめんなさい。 後一歩のところで、G1樫の女王を逃しちゃいました。 やっと、掴んだチャンスだったのに。 追いかける、目標が無かったものって言っても、言い訳ですね。 お父さんのダービーの借りも還したかったのに・・・・。 ご免なさい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 12

2007/05/20 16:15
清の心意気が馬を動かす・・・コイウタ
昨年、関係者に金を持ち逃げされ、 ショウが出来なかったオーナーの前川清さん。 莫大な被害を被りました。 しかし、楽しみにしていた自分のフャンに対して、 自分が出来るのは歌を歌う事だけだと言って、 チケット購入者を時間を掛けて探し出し、 自費でショウを開きました。 この男気にフャンは大満足。 そのファンの力が後押ししたかのような、コイウタの快走。 府中にファンの皆さんの合唱がこだましました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 14

2007/05/14 05:00
お兄さん、見てくれましたか(第6弾)・・・ ピンクカメオ
私は、旅行が嫌いなんです。 家でゆっくりするのが、大好きです。 厩舎のみんなはいい人たちで、牧場にいるみたいにのんびりできるのです。 でも、時々、車に乗せられて、街に行きます。 そん時は一日憂鬱です。 特に、遠くまで車に揺られて行くと、もうそれだけでめげてしまいます。 一度、遠くへ行った時に、めげて帰って来ましたが、次に又同じとこへの旅行でした。 そん時は、なかなか帰れずに、余計めげた私は、また疲れてそこから帰ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2007/05/06 16:42
緑の絨毯の下はコンクリートなの・・・ 京都競馬場
先日の天皇賞、レコードから二番目に速いタイムの決着。 それを、4角先頭から走りきったサムソンの底力には感服している。 でも、実力が発揮できなかった馬達の相次ぐ骨折発覚。 アイホッパーなどは、出遅れを取り返すために、無理をしたという面はあるにしても、 果たして原因はそれだけなのか。 まさかの惨敗のデルタは、レース後、下馬したが、これは落鉄によるものか。 しかし、そのまま走っていたらこれもどうなっていたか。 角居調教師も堅い馬場を指摘している。 天気続きだったからというのもあるかも知... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 5

2007/05/03 13:35
お姉さん、見ててください(第1弾)・・・ベッラレイア
府中の長い直線を走り終えた時、 私は、何とか先頭に出ていたようです。 新馬戦を圧勝して、さあこれからという時に、 何度も、何度も除外の憂き目。 いらつく私は、牡馬に混じって力を出せず、 桜は諦め、やっと、臨んだ中京で、 悔しさを晴らしたものでした。 でも、トライアルのこの勝利。 やっとこれで、樫の権利をゲットしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

2007/04/23 00:43
お兄さん、みてくれましたか(第5弾)・・・ヴィクトリー
偉大な名馬を兄に持つ、元ライバルが出遅れた時、 僕は好スタートをきった。 でも、大外枠だ。無理に行くとコーナーで振られる。 じわぁーっと行って、2コーナーから離しにかかる。 どうせ僕は逃げ馬だ。 付いてこれるなら付いてこい。地獄の底まで付き合うか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 14

2007/04/15 18:57
君は飛べるか ・・・ ニュービギニング
走る前から大きな期待をかけられていた君。 新馬、重賞を連勝して、そのボルテージは一気に上昇した。 しかし、その後の伸び悩みに、今では期待度も相当ダウンしている。 「悔しいけれど、僕は僕。 日夜練習に励むだけだ。」 そんな中で、前走、負けはしたけど、見せた33秒台の末脚。 兄の影がチラット見えたと思うのは私だけか。 やっと、漕ぎつけたこの舞台。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

2007/04/12 15:05
お兄さん、見てくれましたか(第4弾)・・・ ダイワスカーレット
大きな歓声の中で、鞍上が手を挙げた時がゴールでした。 えっ、私は1着。ひょっとして、一生に一度しかなれない「桜の女王」。 思えば、あの黒光りする馬に負けてから、ずっとつらい練習でした。 馬が前に来たら、すうっと押さえて冷静に付いていく。 砂をかぶっても、チップが当たっても、カッとしない。 あくまで、前のペースで淡々と。 そして、鞍上から指示が出たら、一気に抜き去り、そのまま一目散に走りきる。 そんな毎日に、疲れた脚を放り投げて、一人泣いた日もありました。 でも、それは今日のこの日... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 13

2007/04/08 18:49
牝馬の「勘助」に、秘策はないか ・・・ニシノチャーミー 
長期休養明けで、桜花賞にぶっつけで臨む「ニシノチャーミー」。 函館2歳ステークスに勝って以来、8か月ぶりだ。 昨年夏に、2歳Sの後、放牧先の牧場で不運な事故。 左目の明かりを失った。 しかし、牧場の人達のたゆまぬ努力で復帰にこぎ着けた。 本来なら、トライアルを使ってという道だが、これでやっと間に合ったところだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 9

2007/04/05 14:51
夢への招待状(旅券)となるか ・・・・ 阪神大賞典
昨年、惜しくもG1に届かなかった最強のシルバーコレクターこと、 「ドリームバスポート」 JCでは、あの最強ディープに2馬身まで詰め寄った。 けれど、2着は2着。 何か、ステイゴールドがダブってくる。 しかし、ディープ亡き後、もう先頭は俺しかいない。 悠々、望む「阪神大賞典」。 勝って、春・天へ弾み付けるか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 12

2007/03/13 19:16
お兄さん、見てくれましたか(第3弾) ・・・ 藤岡康騎手
春はスタートの季節。 今週、新人騎手がデビューした。 勇んででかけた、中京競馬場。 その1R、「ヤマニンプロローグ」でいきなり登場。 元から家は、競馬家族、 馬を見て育った僕は、兄を目指して騎手となる。 競馬学校の難関も、何のそので夢叶う。 数々の馬に乗ったし、ゲートもやった。 でも、これは学校じゃない、本番だ。 本当のレースだ、勝負なんだ。 跨る騎手の目つきが違う、思わず身震いがする。 おっと、もうスタートだ、何とか遅れんように付いて行く。 解らんうちに、もう4コーナー... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

2007/03/04 23:34
お兄さん、見てくれましたか。(第2弾)・・・伊藤正調教師
競馬の世界では、巷より一足早く春が来ます。 というか、いわゆる区切りを迎えます。 今月で、定年を迎える調教師の一人、伊藤雄師。 現在現役最多勝を誇る名伯楽。 マックスビューティ、エアグルーブ、ファインモーションなど牝馬G1でお馴染みです。 文字通りその彼のラストランを勤めるのが、中山記念のメイショウオウテ。 びっちり、仕上げて望んだレース。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 12

2007/02/25 18:08
ウオッカ、又出るんですか。 ・・・・ チューリップ賞
前走、早々と登場した「ウオッカ」。 太めで出てきて、調教代わりかと思えど、 すんなり勝っちゃった。 武兄をして、「ここに、ウオッカがおるのは反則やわぁ。」 と言わせたのも、納得の早使い。 これから、クラシックに間に合わそうとする、新手の馬達に猛然と立ち向かう 嫌われ者でした。 そしたら、何。今度は、チューリップ賞にも出るの? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 10

2007/02/24 02:28
お兄さん、見てくれましたか ・・・・ 安藤勝巳
48歳の高齢をおして、レースの合間に毎日6時間もの猛勉強。 かくしてつかんだJRA騎手の道。 兄を見習い励んだ弟の話は、数々あれど、その逆とは珍しい。 家族の協力もいかばかりかと、おもんぱかる。 「本当に兄貴は合格したんですか。」 と、競馬新聞記者の携帯に電話してきた、安藤勝巳こと、「アンカツ」。 思わず、ホッと胸をなで下ろす。 一緒に、兄と笠松で競り合った遠い昔が蘇ったか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 15

2007/02/18 18:09
イクスキューズ・ミー 桜花賞 ・・・ クイーンC
クイーンカップのイクスキューズ、 じれったかった近走の鬱憤を、一気に晴らしましたね。 スタート良いのを、なだめて好位に付け、折り合いつけて付いていく。 4角でうまく内を付いたがじっと、直線追い出しをがまんして、 さっと抜ける当たりは、北村君の好騎乗。 これも、実は昨年まで、スタートからガンガン行きたがるし、 直線向くともうすうっと行っちゃうダンムーでしっかり練習した結果かな。 ビクトリア勝った時でも、「まだ追い出しが早い。」って 怒られてたっけ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 12 / コメント 2

2007/02/17 19:06
追試験、2頭合格。 ・・・・ ダイヤモンドS
春の天皇賞レースに向けて、 デルタとアイホッパーに続く、第3の馬の出現を期待したダイヤモンドS。 結構、きついペースと思ったけれど、有力馬は好位で付いていく。 その中で、じぃーーーとしていた、ルメール。 もう、完全にお手馬状態ですね。 直線、計ったように抜け出したエクスパイア、横典も勝ったと思うところを、 トウカイのチョイ差し。 お見事でした。 でも、エリモは4歳馬代表に認めます。タイムも優秀です。 従って、2頭とも合格。 これで春・天レースが面白くなりましたね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 4

2007/02/12 02:34
お兄ちゃん、どうしちゃったんですか。 ・・・・・  武幸四郎
きさらぎ賞。 幸四郎にとっては、ふってわいたような乗り替わり騎乗。 それも人気馬で。 お手馬だったなら、もうちょっと慎重になるところだけど、思い切った先行策。 すいすいと他馬にお構いなしに逃げていく。 ちょっと、待てよ。思い出した、このシーン。 人気馬、アドマイヤで、超ハイペースで逃げたお兄ちゃん。 メイショウ潰しのみえたその先行策も、実は・・・。(詳細は、その時のブログを見てね。) そのお陰で勝てた菊花賞。 今日は、そのお返しですと、迷わず逃げた幸四郎。 ディープの後継者か... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2007/02/12 01:34
出でよ、 ステイヤー! ・・・・ ダイヤモンドS
長距離ファンとしては、わくわくするレースがやって来ました。 最優秀ステイヤー賞(JRAさんの許可なく、勝手につくっちゃいましたが)レースの候補は、デルタとアイホッパーが現在一歩リードって感じです。 が、ここで、彼らを追撃するステイヤーが誕生して、なんとか三つ巴の展開とならないかなぁと密かに期待しています。 古馬陣の常連組が一皮剥けるか。 はたまた、4歳馬の格下メンバーがはじけて、一躍スターが誕生するか。 本当に楽しみ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/02/10 05:53
一歩リードって、とこですか。 ・・・・・・ ウオッカとフサイチ
こんな早くから出てくるとは思わなかった、「ウオッカ」。 まだ、仕上がっているわけ無いし、余裕のある身体でした。 どうなるのかな。という心配を他所に、それでも、ちぎっちゃいましたね。 負けた武さんにして、「ウオッカがおるのは反則やわ。」と言わせる程のレース。 やはり、現時点では、抜けてますね。 桜花賞の有力候補決定。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 10

2007/02/05 21:24
やっぱ格が違いましたね ・・・・・・  ディアデラノビア
前走、香港での凡走は理由が解らず、昨年は寂しい幕切れでした。 そして、年明け初戦は、京都牝馬S。 スパッと切れないためか、あまり得意ではないと私は思っている1,600mに挑戦。 岩田騎手は、「調子はいいよ。」と言っていたそうですが、少し心配でした。 レースは、終始中段のやや後ろ、出てこれるのかなと思いましたが、 そんな心配を他所に、直線はぐいぐい伸びるばかり。 あっとゆう間に後続を引き離し、結果は楽勝。 昨年の3着病のもどかしさもどこへやらで、 本 当 に 久しぶりにスカットしまし... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 12

2007/01/28 18:45
大吉だったけど、ハナ差4着でした ・・・・・ メイショウオウテ
今日は、王妃とともに、成田山名古屋別院大聖寺へ行ってきました。 普通、我々は、犬山成田山と言っていますが、これが正式名称のようです。 千葉県成田市成田にある大本山成田山新勝寺の別院です。 ここの、不動明王さまに、車とともに交通安全のご祈祷を受けるために遠くから沢山集まって来ます。 私達も、毎年、正月にご祈祷して頂いております。 そこで、例年どおり、「おみくじ」をひきますと、なんと、珍しく大吉でした。 いい気分で家に帰って来て、ふと今日は「お年玉付き年賀状」の抽選日である事を 思い出... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 12

2007/01/14 18:14
もう一味ってとこですか。 ・・・・・ ダイワスカーレット
シンザン記念、力して見てました。 ダイワスカーレットがいいというお話を頂いていて、結構私もその気でありました。 これは、ダンムーに替わる応援馬が早々に見つかっちゃうのかな。と、期待して・・・。 スタートも良く、ぐいぐい行きそうな気配から、調教師が言うように、マイルが合うのかなっと、一瞬思ったんだけれど、直線、以外と切れませんでした。 もうワンパンチ欲しかったですね。 うーーん、お兄さんと違って、短いのより、中長距離の方がいいのかなって、感じです。 秋華賞向きかもね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/01/08 18:20
初日の出を見ています ・・・・・・・・・ 年頭挨拶
新年明けましておめでとうございます。 今、自宅の3F窓より、初日の出を見ています。 毎年恒例の行事です。 私、昨年来の風邪を持ち越しちゃいました。もそっと、健康に留意しないとね。 昨年の、10月11日に、立ち上げたこのブログも、これで、25話となりました。 (そう言えば、ブログの単位は、なんて言うのかねえ。解る人教えてください。) 初めて書いてみて解ったのですが、結構みんなが見ていてくれるのに感激しています。 たくさん、コメントも頂き誠にありがとうございます。 合った事もないのだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2007/01/01 07:45
やっぱ、怪物でしたね。 ・・・・・ ディープインパクト
今日は、凄かったですね。 他の馬が、止まっているようでした。 中山では、34秒しか出ないとかいう、マスコミの度肝を抜きましたね。 やっぱ、怪物でしたね。 前走は、やはりローテがきつく、彼としても一杯だったんでしょう。 あんなに、きつそうに見えたのはそのためかな。 今日は、馬体も戻り、彼らしい走りでした。 16年振りの、有馬勝利を武さんにブレゼントしました。 武さんが、なかなか有馬勝てないのも、不思議でしたけれど・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 14

2006/12/25 02:18
武さん、今度も一杯叩くのですか? ・・・・・・ 有馬記念
JCでの、ディープ復活。本当に、嬉しかったです。 やっぱり、ディープは日本一、いや世界でもと思っちゃいました。 でも、後からレースを良く見ると、ディープは初めて、武さんに、思いっきり鞭入れられてました。 確かに、スローな流れで、なおかつ差すというきついレースだったんで、そうしたのかも知れませんが、前の、ディープなら、すいすい走ってたような気がしました。 競馬ブックに映っているゴール写真のディープの顔は、引きつってました。 こんな真剣な顔は、見た事ありません。 やはり、微妙にディープの... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 4

2006/12/22 00:18
復活しちゃいましたね、リシャール。・・・・・・阪神カップ
いやあ、復活しちゃいましたね、リシャール。 何か、そろそろって、虫が知らせるというか、ちょっとそんな予感がしていましたが、 見事な復活劇でした。 直線、鋭く抜け出す脚は、父譲りでしょうか。 才能の一端を見せた感じです。 いろいろ回り道したけど、ここが、落ち着き先って事でしょう。 来年の短距離界を盛り上げてくれるでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/12/17 18:25
本当にダンスはすんだ、のですか。・・・・・・・藤沢先生
今日、新聞に嬉しい記事が出ていました。 「ダンスインザムード引退」です。 私の指図どおり、香港を軽く走った彼女は、とうとう、引退を勝ち取りました。 流石の、藤沢先生も諦めたみたいです。 牝馬なのに、4度も海外遠征し、それなりに成績も収めました。 今度こそ、本当のラストランでしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 12

2006/12/13 14:33
いやあ、嬉しかった。ドリームだ。・・・・・・(朝日杯FS)
いやあ、嬉しいっす。 ずうっーーーーと、応援してたステイゴールドの仔がG1奪取。 香港国際競争の週に、お父さんのような豪脚を披露して快勝とは、何かの引き合わせかな。 ちょっと、次元が違う脚だったんで、期待が膨らみます。 ここに出ていない強い馬もいるけど、 父が取れなかった国内G1を是非取ってほしいです。 特に、スペシャルウィーク産駒には、負けないでほしいですね。(贔屓しずぎですかね。) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 10

2006/12/12 03:15
香港は賑やかいのう・・・・・・・香港国際競争
12月10日に行われる、香港国際競争。例年そうだけど、ジャパンカップより賑やかいのう。 ちと、悔しいが日本馬も沢山参戦して、賑やかさに華添えたりしてね・・・・。 さて、その展望ですが、まず、香港カップ 2,000mです。 過去3頭の日本馬が勝っているレース。 でも、今年は苦戦かな。エリ女で推したディアデラノビアも出ますがどうか・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2006/12/06 00:17
中京冬の陣に行ってきました。・・・・・・初日。
またまたやって来ました。中京冬の陣。 今週は、半ばから冷えてきて、暖冬の中にあっても、さすが12月。 ちと、寒う成りもうした。 冬の陣は、これじゃなきゃ。身が引き締まります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 6

2006/12/02 22:52
ダンスを壊さないで・・・・・・藤沢先生
香港マイルを最後に現役引退、繁殖入りとしていたダンスインザムード。 それでも、自身3回目の海外遠征。 牝馬に3回もさせるのかよお。 競争能力は、もう十分証明した筈で、繁殖入りにこれ以上ハク付けなくていいのに、 と思っていたけど。まあ一年の区切りだし、もう一走かなと、私も諦めていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/12/01 02:58
ディープは強し。されどボードは無念じゃ。・・・・・JC
自分のレースに徹したディープ。持ち前の差し脚を披露。強いの一言。 あんなに、喜ぶ武さんを初めて見ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 16

2006/11/26 17:54
淀もいいけど、紅葉もね。
24日から、今年最初で最後の上洛でした。 24日は、平日でしたが、京都駅前のバスロータリーの人集り。うーーん、凄い。 地下鉄に乗って、北に行き、曼殊院、圓光寺、詩仙堂とまわる。 紅葉も丁度見頃。昼頃から、快晴となり、日の光を浴びて、紅葉も一段と引き立つ。 でも、曼殊院までの、坂路調教は距離もあって、ややきつし。明日の本場馬に疲れ残らねばいいが、と思うほど。 しかし、人は多し。まともに、撮影できません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/11/26 10:58
外国馬は数ではない。・・・・・・・JC
今年のJC。外国馬は2頭しかでず、ちょっと寂しい。 しかし、外国馬は数ではない。 ハーツとディープに、彼らのホームグランドで走られては、とてもかなわないと逃げ出した弱い外国馬達。その中にあって、敢然と立ち向かう馬あり。 もう、本気以外考えられません。(日本見物に来てたこれまでの外国馬とはちと違う。) その名は、ウィジャーボード。 昨年負けたじゃないの。と言うけれど、体調不十分での事。 それでも、微差の5着。東京の馬場適性は、証明してみせた。 今年は、体調すこぶる良し。G1奪取しての... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 6

2006/11/23 10:13
ラストチャンスも駄目でした。(牡馬G1は遠し)
ダンスが挑んだ国内最後の牡馬G1。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 12

2006/11/19 18:35
ラストダンスは豊に、なのですか・・・・・。(マイルCS)
今年こそはと望んだ「天皇賞」。これまでのような並み居る強豪はいない今年の状況で、よしっと、思ったけれど、このていたらく。やはり、お年のせいか。もう、これ以上は彼女にとって・・・。 と思っていた私に、突然の情報。調教師の藤沢先生は、やはり2,000は長いか。得意の1,600なら(G1を2勝)と言って、マイルCSに出走。 しかも、騎手は、武豊ときた。 「北村よりは、良いだろう。」などと、武を尊敬しているのかどうか伺わしいような微妙なコメントを発している。  もともと、藤沢と武は縁が無かった。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 10

2006/11/16 13:08
見せ場はあったが、残念。・・・エリ女
今日の、エリ女。外人騎手捨て身のハイペース。 そうなっての、粘り合いなら、3歳馬と言っていたとおり。オークス・秋華賞の3着馬までは、流石に強い。 古馬では、スイートとディラがやっとか。 ディラも、一瞬見せ場はあったが、良馬場発表とはいえ、水が浮いていると細江さんが言っていた、直線内の3頭分までを通らされるハメとなったのが、チョッピリ残念。 競馬にたらは無いけれど、雨があんなに降らず。良馬場でやってほしかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 11

2006/11/12 18:10
待っていましたエリザベス・・・・ディアデラノビア
ダンスが転けてから、意気消沈していましたが、今週、とうとう待ちに待った「エリザベス女王杯」がやってきた。 「ディアデラノビア」の出番です。  この馬、1600から1800と割と短めの距離に使われてきましたが、本来は、2400ぐらいが丁度よいとかねがね思っていた逸材であり、前々走のオールカマーで、その片鱗がちらっと見えてしまいました。  この馬、同一厩舎のシーザリオが勝ったオークスの微差3着馬です。  シーザリオは、その後、アメリカンオークスにも勝って、一躍有名に、方や、ディアデラはやや忘... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 5

2006/11/08 15:45
ブルーコンコルド強かったねえ(JBCマイル)
今年も、JBC。仕事終わってから、駆けつけました。 本場の中京で場外発売があったので。 ですが、電車の臨時停車(中央開催時は、急行とかが止まるんです。)がなく、また、駅からのシャトルバスもなく、やっとの思いでたと゜りつきました。 マイルの私の狙いは、メイショウでした。 直線堂々と先頭に立った時は、よーしと思いましたが、最後、ブルーにあっさり交わされました。やあ、参りました。強いね。ブルー、連覇おめでとうございます。 でも、よく見ると、フサイチコンコルドの子でした。 何と、このレース。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 2

2006/11/03 07:04
今年もまた、JBCがやってきた
秋深まり、今年もまたJBCシーズンがやってきました。 昨年は、初めて、JBCが箱根を越えて、「名古屋」にやってきました。 名古屋競馬場も、化粧直しをして、全国の皆さんをお迎えしました。 いやあ、凄かったですね。人の波。 「あおなみ線」から、ぞくぞくと観客が降りてきて、競馬場に続きます。 午前中で、本場馬の中は、ほぼ満員。馬券買うのも、一苦労でした。 そんな中で、私の狙い馬は、スブリントがアグネスジェダイ、クラシックがシーキングザダイヤでしたが、いずれも転けて、馬券は散々でした。 二... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2006/11/01 02:32
ダンスはすんだ
彼女にとっての最後の天皇賞が終わりました。 冗談言ってたのが、本当になっちゃいました。 これしか無いというような展開で、ダイワ目指してスパート。 今度は、負けないぞって。一瞬、夢を見ました。 しかし、何故か。失速。 気まぐれな彼女、何が気にくわなかったのか。 それとも・・・。 一緒に応援していただいた皆さん。ありがとうございました。 これが、彼女のラストダンスになるのかな。 うーーん。寂しい。秋の夕暮れ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 8

2006/10/30 00:26
ラストダンスに期待して・・・最後の天皇賞
一昨年、昨年と2着、3着と来て、今度は3回目の天皇賞・秋。 順番からすると、今度は4着って。カンベンしてよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/10/26 22:39
武兄弟にやられましたね。菊花賞。
菊花賞。私の押した「トーホウ」は、好位置に付けて行けましたが、あのハイペースに巻き込まれては、最後脚が上がってしまいました。 予想に反して、武兄がハイペースで逃げました。前目にいた馬は、ほとんど全滅。 メイショウはやはり最後脚がありませんでした。そして、 どんじりに居た差し馬にやられました。 何か、この間似たようなレースを見ましたよね。「シロッコ」が逃げて、交わしに行った 「ディープ」を、外から差し馬が・・・。 武兄の玉砕ぶりに、助けられた武弟。 フランスの威厳を守った3頭の馬に対... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 13

2006/10/22 17:26
菊花賞は、「シ」・「ロ」ですか。
秋華賞は、秋にちなんで、「ア」・「キ」でくると思ったら、アキではなく、「ア」・「カ」でした。 (アサヒとカワカミでしたね。) 確かに、秋は、はっぱが赤くなるもの。 すると、今度の菊花賞は、「キ」・「ク」ではなくて、「シ」・「ロ」ですか。 菊の花は、白いの多いよね。 紅白歌合戦じゃないけど、女性がアカなら、男性はシロ。 うーーーん。シとロのつく馬。沢山いるよね。 一頭で両方付いてる馬もいるのです。 ちなみに、秋華賞でアとキが両方付いていた馬は、4着でした。 でも、正解は、アとカだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2006/10/18 20:45
秋華賞は、ア・キではなくア・カでした。ダンスの跡継ぎ決定。
秋華賞、カワカミブリンセス強かったですね。 応援するアサヒライジングは、さっと交わされてしまいました。 秋だから、「ア」と「キ」と言ってましたが、秋は葉っぱが赤くなるんですね。 「ア」と「カ」でした。残念。 でも、これで、今年の牝馬最強は、カワカミに決まり。 今年で引退するダンスインザムードの跡継ぎができました。 来年は、牡馬に混じって秋天目指してほしいです。 そして、ダンスは出来なかったけど、カワカミはきっと勝ってくださいね。 応援します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2006/10/15 18:39
秋華賞は、ア、キですか。
秋のG1シリーズもいよいよ本番に入ります。 牝馬三冠目がかかった秋華賞。メンバーが揃っておもしろいレースになりそうて゜す。 そんな中で、ヒントを少し。 秋華賞は、秋にちなんで、「ア」と「キ」の馬で決まったりして。 さあ、どれかな。一頭で両方付いているなんて馬もいるけど・・・。 私は、アサヒライジングとキストゥヘブンに期待します。 楽しみですね。 未来のダンスインザムードになれる馬は、果たして・・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 0

2006/10/14 13:12
本番はダンスで
毎日王冠、2着。惜しかったですね。 最後ちょっと抜かれたのは、女性って控えめだからです。 男性をたてるのよ。 でも、今度は見ててよ。 だって、女は度胸って言うじゃない。 わかるぅ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 110 / コメント 1

2006/10/09 09:08

トップへ | みんなの「競馬」ブログ

たかちゃんの競馬道 競馬のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる